芸能ニュースセンター

芸能関係の様々なニュースをまとめています。


    NO.7148324 2018/12/22  
    天皇即位パレードのオープンカーに8000万 国産メーカーを購入する方針
    天皇即位パレードのオープンカーに8000万 国産メーカーを購入する方針
    政府は21日、来年の皇位継承儀式の一環として来年10月22日に行うパレード「祝賀御列の儀」で使う車の調達経費について、総額8000万円に上る見通しを明らかにした。

    国産メーカーから新たに購入する方針で、今年度第2次補正予算案に設計費などとして1400万円、来年度予算案に製造・購入費などで6600万円をそれぞれ計上する。

    車については、11月の式典委員会で、安全・環境性能に優れたオープンカーとすることを決めていた。

    オープンカーではない車種を改造する可能性があるほか、天皇旗や菊の紋章の取り付けなど通常とは異なる変更が必要なため、設計から製造も含めて計上する。

    昭和から平成に代替わりした際の1990年11月の祝賀御列の儀の際は、90年度予算に諸経費を含め4700万円を計上し、英ロールスロイス社製のオープンカーを購入した。

    このオープンカーは93年6月の皇太子ご夫妻の結婚パレードでも使われたが、老朽化が進み、07年に廃車になっていた。

    今回購入する車は、20年東京五輪・パラリンピック後のパレードで活用することも検討する。



    【日時】2018年12月21日 10:33
    【ソース】毎日新聞
    【関連掲示板】


    【天皇即位パレードのオープンカーに8000万 国産メーカーを購入する方針】の続きを読む


    NO.7145192 2018/12/21  
    南青山児童相談所 一部住民から反対意見も変更せず
    南青山児童相談所 一部住民から反対意見も変更せず
    ■区長、住民反発巡り
    周辺住民らの反対で開設が難航している東京都港区南青山の児童相談所について、武井雅昭区長は19日の定例会見で「(区内の)どこがふさわしい、適さないというものではない」として、建設地変更の考えはないことを示した。

    区は、児相などの複合施設「港区子ども家庭総合支援センター」を2021年4月に開設する計画で、広い土地を国から取得できた南青山が候補地となった。

    しかし、一部住民から「土地の価値を下げないで」など反対意見が出ている。

    武井区長は虐待例が増えている点を挙げ、「経済的に不自由していなくても育児放棄をするケースが地域で起きている。すべての方へのサービス」と説明。

    来年度建設工事に入る方針に変更はないとし、「質問にはHPで答え、説明を尽くしたい」と話した。



    【日時】2018年12月20日 10:09
    【ソース】朝日新聞


    【南青山児童相談所 一部住民から反対意見も変更せず】の続きを読む


    NO.7145829 2018/12/21  
    世界初の頭部交換移植手術、初の志願者がキャンセルしていた ロシア
    世界初の頭部交換移植手術、初の志願者がキャンセルしていた ロシア
    【簡単に説明すると】
    ・世界初の頭部交換手術の志願者がキャンセル?
    ・志願者は結婚し幸せな生活を
    ・そもそも頭部交換手術の成功例はない

    ロシアが昨年発表した頭部交換手術だが、志願者がキャンセルしていたことがわかった。

    イタリア人の神経外科専門のセルジオ・カナベロが主導するこの手術は、頭部を完全に身体と分離し、ほかの人に移植するというもの。

    このような方法から「フランケンシュタイン手術」とも呼ばれ批判されてきた。

    世界的にも物議を醸していたこの頭部移植手術は、ロシア出身の科学者であるスピリドノフ(33)が「頭部移植手術の志願者をキャンセルした」と発表。

    彼が注目を集めた理由は、手術の最初の志願者だったからだ。

    スピリドノフは筋肉が退化するウェルドニッヒホフマン病を患っており、日々悪化している。

    スピリドノフは過去のインタビューで「この手術がどれだけ危険か知っている。一度でも健康な身体を借りて立ち上がりたい」とコメント。

    以降カナベロ博士は史上初の頭部移植手術は2017年に実施すると発表したが、うやむやになったままだったで、この手術の莫大な費用を支援してくれる人が見つからず事実上プロジェクトは無くなったという。

    フロリダ大学の研究しているスピリドノフが手術を放棄した決定的な理由は、コストのほか、結婚と息子を持ったからとみられる。

    彼はモスクワで出会った30歳のアナスタシアという美女と1年前に結婚し、6週間前に奇跡的に健康な息子を産んだ。

    一方この手術を進めてようとしていたセルジオ・カナベロは現在中国で活動中。

    セルジオ・カナベロによると頭部移植手術の手順は12〜15度の環境で分離したあとに、1時間以内に特殊高分子材である「接着剤」として他の身体の血液循環に接続。

    その後に脊髄なども接続する。

    これがセルジオ・カナベロの主張だ。

    しかし、医学的に実際の可能かどうか、そもそも手術が成功したとしても、後遺症が発生する可能性が非常に高く倫理的な問題と論議は耐えなかった。
    【日時】2018年12月21日
    【提供】ゴゴ通信


    【世界初の頭部交換移植手術、初の志願者がキャンセルしていた ロシア】の続きを読む


    NO.7147386 2018/12/22 
    Jリーグにはドラフト会議はないのかと、思ったことありませんか?
    Jリーグにはドラフト会議はないのかと、思ったことありませんか?
    ■Jリーグは自由競争社会である
    今シーズンのJリーグも全日程が終え、ここから基本的に選手はオフに入ります。

    逆にここから忙しいのがチームのフロントでしょう。

    来シーズンのチーム編成の骨格は、この期間中に決めるしかないのです。

    今シーズンを振り返り、戦力を分析、弱点を補うべく選手の招集に奔走しているのではないでしょうか。

    昇格や降格のあったチームは、大幅な変更も余儀なくされることもしばしばです。

    他チームからの補強であれば、Jリーグに限らずプロ野球でも行われていますが、行われていないのがドラフト制度です。
    これによらず、新人選手であればいつでも誰とでも契約可能なJリーグが持っているその発想の根拠を押さえておきましょう。

    ■Jリーグ新人選手の登録パターン
    プロ野球では、ドラフト会議によりある程度の自由で平等な新人選手の振り分けが可能になるシステムが確立されています。

    では、ドラフト会議によらないJリーグでは全くの自由競争なのかと言えばそうでもありません。

    ・ユースチームからの昇格
    まず、各チームには下部組織が義務付けられていて、自チームで育てた選手には契約の優先権が与えられています。

    つまり他のチームのU-18の選手であれば、どんな好条件を出しても横取りはできない訳です。

    現代では有望選手はほとんどがどこかのJリーグチームのユース選手であることが多くなっていますので、既にその段階でプロになるならチームも決まっていると言えるのです。

    これは地域に根付いたスポーツ環境づくりと言うJリーグの理念にも合致したものでもあります。

    ・学生の獲得
    ユースチームに属さない高校生や大学生は、各チームの練習に参加して手応えを感じてからプロ入りを目指すことが多くなっています。

    これはチーム事情によっては、活躍の見込みを感じられなかったりもするからでしょう。

    有望選手に声を掛けては練習に参加してもらったりするのは自由競争ではありますが、より選手サイドに立った試みを重視しているのです。

    最近のプロ野球に進む新人選手は、「プロならどこでもいい」などとよく言っていますが、どこまで真意なのかも疑問が残るところです。

    それに比べてお互いが納得の上で入るチームが決まるJリーグはいたって自然で望むべき姿ではないでしょうか。

    ■自由競争でも成績に反映されにくい
    これはサッカーと言うスポーツの特徴でもあります。

    野球では基本的に勝負は投手対打者の1対1を繰り返すものです。

    よってより優秀な選手が多いほど、チームとしての成績に反映されやすいと言えます。
    これがサッカーのようなスポーツでは、1対1の場面こそありますがそれをチームとしてカバーすることもできるのです。

    実際にドラフト制度を導入せずとも、J1リーグの優勝チームにかつての巨人のような一辺倒な様相はありません。

    むしろJ2からの昇格チームが優勝争いを演じたり、昨シーズンJ1で優勝争いを演じたチームがJ2に降格したりすることに驚かされることもあるくらいです。

    ■獲得する方も楽
    ドラフト制度は獲得を目指すチームにとっても弊害はあります。
    せっかく調査の上、どれだけ欲しかったとしても、競合すれば他チームに奪われてしまうことも多々あります。

    それを前提にしなければならないため、予定数以上に選手を探しておかなければならないのです。

    スカウト陣に人数も掛けず無駄になる労力や経費も掛けることなく新人選手が獲れるJリーグは、合理的ではあるのです。

    ・海外に逃げられても全然OK
    選手寿命の短いサッカー選手は、高校も卒業しないうちからいきなりプロ生活を海外チームで始めるパターンも増えています。

    今後、そのような事例が増えればJリーグにとってマイナスかと思えば、そうでもありません。

    ハイレベルな海外で成長し、やがてJリーグに戻ってその成果を披露してくれることも期待できます。
    【日時】2018年12月22日
    【提供】YAZIUP


    【Jリーグにはドラフト会議はないのかと、思ったことありませんか?】の続きを読む


    エスパー伊東 (エスパー伊藤からのリダイレクト)
    エスパー伊東(エスパーいとう、本名:伊東 万寿男(いとう ますお)、1960年12月26日 - )は、日本のお笑い芸人。 出身は、熊本県阿蘇郡南小国町。エスパー伊藤は誤表記。 滑舌が悪い上に早口なため、話を1回で聞き取ってもらえないことが多い。 芸歴は長く、一時期電撃ネットワークと一緒に体を張ったパフォーマ
    16キロバイト (2,063 語) - 2018年12月22日 (土) 14:10



    1 峠 ★ :2018/12/22(土) 23:37:08.05 ID:CAP_USER.net

     お笑い芸人のエスパー伊東(57)が、年末をもって芸能活動を引退することがわかった。
    今後は股関節の治療に専念する。

     伊東は22日に公式サイトにて、2018年12月31日をもって芸能活動を引退することを発表。
    「かねてより股関節の状態が悪く、ここに来て動*ことが困難になってきました。ワザを披露できない、
    うまく歩けない、トークもままならず任せているような状態です。このような最悪の状態の中で
    芸を披露することはできないと思い、今回、芸能活動から引退をすることを決めました」(原文まま)と
    理由を説明した。

     引退後は実家に戻り、股関節の治療に専念するとのこと。また、手術も検討しているという。

     伊東は、「応援して頂きましたファンの皆様、また長年お世話になりました関係者皆様とお別れするのは
    大変に心苦しく悲しいですが、ひとまずここで、区切りをつけようかと思います。芸人はやめますが、
    細々ながら芸術家はまだ続けていこうと思っています。最後に、応援してくださった全ての方に送ります。
    MAXエスパワ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!!」とメッセージをつづった。

    エスパー伊東

    (出典 www.nikkansports.com)


    ソース 日刊スポーツ 12/22 23:27
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201812220000783.html


    【エスパー伊東が年内で芸能活動引退、股関節治療専念】の続きを読む

    このページのトップヘ