芸能ニュースセンター

芸能関係の様々なニュースをまとめています。



    NO.6037208 2018/01/09 17:13
    TBS・山本里菜アナ『サンジャポ』抜擢で注目度上昇!
    TBS・山本里菜アナ『サンジャポ』抜擢で注目度上昇!
    TBSの新人アナウンサー・山本里菜(23)が注目を集めている。

    山本は局の看板情報バラエティ『サンデー・ジャポン』の新アシスタントに抜擢。

    7日放送の回で初登場を果たし、「本当に緊張していますが、元気に頑張りますので、よろしくお願いします」と挨拶した。

    山本の前任は、第1子を妊娠し、昨年末に番組を卒業した吉田明世(29)。

    そのため、山本が挨拶を終えると、司会の爆笑問題・太田光(52)は「座って」と、妊娠中のため体調を考慮された前任の吉田と山本を間違えるボケで新アシスタントを歓迎する。

    これに山本は少々戸惑ってしまい、いきなり生放送の洗礼を受けた。

    その後、山本はスタジオの雰囲気にも慣れ、笑顔を振りまきながら番組を進行。

    『サンジャポ』名物の突撃リポーターにも挑戦し、大みそかに放送された『NHK紅白歌合戦』に臨む安室奈美恵(40)の様子を元気よく踊りながら伝えた。

    放送中からネット上の視聴者からは、「華があるな〜」「普通に可愛い」「歯がキレイ」などと洗練されたルックスに対する絶賛コメントが続出。

    すぐさま画像がアップされ、初めて彼女を知った人からも注目を集めることになった。

    ちなみに、入社1年目で『サンジャポ』のアシスタントに起用されるのは、4代目の青木裕子(35/現在フリー)以来の快挙。

    青木のほか、この番組の歴代アシスタントには小倉弘子(43)や田中みな実(31/現在フリー)といった人気アナが名を連ねており、山本も一躍エース候補に名乗りを上げたカタチだ。

    山本は田中の後輩にあたる青山学院大学の出身で、学生時代から芸能事務所に所属し、フリーアナとしてテレビ朝日の『グッド!モーニング』などに出演。

    当時から爽やかな笑顔と明るいキャラで人気を集め、コアな女子アナ好きの間では「将来が楽しみ」と評判を呼んでいた。

    2017年4月入社の彼女は、同10月から『あさチャン!』のお天気コーナーを担当し、徐々に露出を拡大。

    昨年の連続ドラマ『陸王』では、劇中に登場する埼玉中央銀行のポスターモデルに挑戦し、初めてのドラマ出演を果たした。

    局からの大きな期待を感じさせる山本は、女子アナ界全体にとっても貴重な存在と言えそうだ。

    というのも、昨年12月発表の「好きな女性アナウンサーランキング2017」(オリコン調べ)で、トップ10全員が30歳以上という衝撃の結果が出ており、若手女子アナの台頭が望まれているのだ。

    日本テレビの水卜麻美が5連覇を果たし、殿堂入りを決めたこのランキング。

    その水卜も30歳だが、彼女に続く2位は有働由美子(48/NHK)で、3位は大下容子(47/テレビ朝日)と共にアラフィフ世代だ。

    新たにトップ10入りした井上あさひ(36/NHK)や山崎夕貴(30/フジテレビ)、高橋真麻(36/フリー)も30代で、かつての「女子アナ30歳定年説」など今は昔といった感じだ。

    日曜朝の定番番組『サンデー・ジャポン』の新アシスタントに抜擢された山本には、若手らしいフレッシュな魅力でランキング上位に食い込む活躍を期待したい。
    【日時】2018年01月09日 17:00
    【提供】メンズサイゾー


    【TBS・山本里菜アナ『サンジャポ』抜擢で注目度上昇!】の続きを読む



    NO.5640534 2017/07/08 11:07
    新垣結衣と新婚生活が楽しめる神動画に悶絶する男性続出中
    新垣結衣と新婚生活が楽しめる神動画に悶絶する男性続出中
    天使のような美貌で世の男性たちを魅了する女優の新垣結衣(29)と"新婚生活"が楽しめる動画が公開され、ネット上の男性たちが悶絶する事態となっている。

    話題の動画は「#金曜日の新垣さん」と題し、ウェブデザイナーとして働く32歳の「彼」と28歳の女性(新垣)の日常生活を描くシリーズ。

    新垣がCMキャラクターを務めるトヨタ自動車の新型「NOAH」のスマートフォン向けスペシャルコンテンツとして今月7日から公開され、毎週金曜日に更新される。

    初回の動画では、新垣が台所で洗い物をしながら「今日、七夕だね」と彼に語り掛ける場面からスタート。

    続けて「織姫と彦星って夫婦なのに年に一回しか会えないんだよね。仕事忙しいのかな?」と七夕の伝説を語りながら、いたずらっぽい表情で「あなただったら耐えられないでしょ? わたしと毎日会いたいでしょ?」と彼の身体をツンツン。

    最後にカメラ目線で「で、明日どこに連れていってくれるの?」とお出かけをねだるという内容だ。

    薄化粧でTシャツにエプロン姿というラフな格好が「新婚感」を演出しており、男性なら誰もが思わずニヤけてしまうような可愛すぎる動画となっている。

    これにネット上の男性たちからは「破壊力がマジでヤバい」「こんな奥さんいたら幸せすぎる」「毎日会いたいに決まってる!」「これで来週金曜まで仕事がんばれる!」「控えめに言って天使」「既婚者でも不倫を即決するレベル」「この動画を企画した人は神」などと絶賛の声が殺到。

    また、星野源(36)との夫婦役で昨年大ヒットしたドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)を彷彿とさせる新妻役ということで「逃げ恥のみくりちゃんだ!」「逃げ恥ロスが癒された」といった声も上がっている。

    「NOAH」のCM本編でも助手席に座った新垣がキュートな"奥さん"として登場しているが、それ以上に「新婚生活」を楽しめるスペシャルムービーが大反響になっているようだ。

    また、新垣は5日に出演したバラエティ特番『ホンマでっか!?TV豪華新ドラマ俳優、女優陣禁断モテテク披露スペシャル』(フジテレビ系)でも男性視聴者を悩殺。

    番組では右目と左目を交互にウインクすることで「老けて見られない人」が分かるという人間性診断を実施し、それに新垣が挑戦。

    チャーミングなウインク姿にテレビの前の多くの男性視聴者が「可愛すぎる」と悶絶することになった。

    さらに新垣は「彼氏が『暑い』と服をパタパタさせているときのモテ仕草」にも挑戦し、新垣の大ファンだという経済評論家の門倉貴史氏(45)を相手に「彼氏の服の後ろをパタパタしてあげる」「最後に首筋に息をフーッと吹きかけてあげる」という行動を実践。

    これに門倉氏は完全にノックアウト状態となり、ネット上の男性視聴者たちも「可愛すぎてヤバイ」と大興奮。

    新垣は照れまくっていたが、その姿も「照れるガッキー可愛すぎ」「ガッキーの可愛さが神ががってる」などと大好評となり、一連のシーンがネット上で拡散されるなど反響を巻き起こしている。

    もはや「無敵の可愛さ」といっても過言ではない新垣。

    7月17日からはレギュラー出演する月9ドラマ『コード・ブルー〜ドクターヘリ緊急救命〜THE THIRD SEASON』(同)がスタートするが、前述の「#金曜日の新垣さん」と合わせて週に二回は新垣と会えるというファンにとって幸せな日々がしばらく続きそうだ。
    【日時】2017年07月08日
    【提供】メンズサイゾー


    【新垣結衣と新婚生活が楽しめる神動画に悶絶する男性続出中】の続きを読む


    NO.7136126 2018/12/16 13:33
    柏木由紀 主演ドラマ「パンツはストイックに」のお色気シーンにネット上歓喜
    柏木由紀 主演ドラマ「パンツはストイックに」のお色気シーンにネット上歓喜
    12月4日スタートの深夜ドラマ「この恋はツミなのか!?」(TBS系)で伊藤健太郎とともにW主演しているAKB48でありNGT48でもある柏木由紀。

    鳥島灰人による同名漫画が原作のこのドラマ。

    柏木演じるヒロインの駒田多恵は、童顔でバストが巨大なプロ将棋指し32歳と、柏木の実年齢より5歳年上という設定だ。

    ドラマ初回では、伊藤演じる恋愛経験ゼロのコミュ障気味でチェリーボーイなサラリーマン・小日向大河が通勤ラッシュ時のバスの中で胸の“渓谷”がガッツリ見えるニットを着た多恵と遭遇。

    しかも人込みのせいでその爆裂バストが自分に当たるという「ラッキーな事故」にまで発展。

    さらにその日の夜、会社の同僚らと行った居酒屋で再会しただけでなく、トイレから出てきた多恵はスカートの裾を背中に挟み込み、ピンクのイチゴ柄アンダーウエアが丸出し状態という鼻血モノな激レアシーンにも遭遇するのだ。

    「ネット上では『これは生きる喜びになるショット』『これがあれば1週間生きられそう』『チェリーボーイでなくてもコレはやられる』『どうか回想シーンとして今後もたくさん使われますように』など、歓喜の声が続出しています」(女性誌記者)

    これからの柏木は着物を着て将棋を指すシーンもあるというから、これもまた別の意味の眼福となってくれるだろう。

    ■「パンツはストイックに」
    ――今回はお色気シーンも多いですが、抵抗はありませんでしたか?

    抵抗はほとんどなかったです。

    原作の中でインパクトもあって大事な部分だと思っていましたし、パンツが見えるシーンはめちゃめちゃこだわって、10枚くらい下着を用意してもらって、どれが一番いいかなって真剣に考えました。

    原作に一番忠実なものをチョイスして、個人的には大満足です(笑)。

    いちごのパンツで、多恵のかわいらしさが出るようにしました。

    30代の女性が将棋をしっかりやっているけど、いちごのパンツを履いてるっていう、そのギャップってかわいいなって。

    一番ストイックに撮ったシーンです。

    ――グラビアでも活躍されているので柏木さんのファン的には、こういった役柄は嬉しいと思います。

    特に演技が自分の本業じゃない分、お芝居やらせてもらえるならできる限りを尽くしたいという気持ちがあります。

    演技の部分はどうしても難しいけど、原作に忠実にとか見た目は努力できることだと思うので、普段のお仕事以上に努力が必要というか、そういう思いが今回はパンツやら谷間に現れたんだと思います(笑)。

    ネットの反応
    ・豊胸だけどな
    ・メガネもでけえけど鼻もでけえな!
    ・眼鏡を乗せやすくするためにあんな鼻なんだな
    ・ニンニク出ちゃう
    ・最近かわいいと思う俺は変?
    ・うん、ブスかも
    ・AVの地味なのに巨乳な娘シリーズに出てそう
    ・よく見ると伊藤健太郎のほうがカワイイ顔してるな
    ・鼻だけは整形しないという確固たる意志は評価したい
    ・この程度で騒ぐなんてブラ姿ぐらいみせろや
    ・どんだけオッパイ見えても顔は柏木なんだろ
    ・谷間の画像もパンチラの画像も顔が映っていなくてこのシーンだけ別人じゃないのって言われていたが
    ・公然猥褻罪だろ
    ・パンモロだったよw スカートの裾がパンツに入ってお尻丸出し。
    ・こんなの観ちゃったらシコってスッキリしてからじゃないと眠れないじゃん
    ・こんなんで鼻血でる童貞って可哀想すぎる
    ・なぜこれが貼られていないのか
     >単に、09年はパッド無し 10年は巨大パッド入り というだけ
     >この横チチパッドを見抜けないのは間違いなく道程
    ・まあ、手越なんかコイツのま◯こまで見てるけどな(´・ω・`)
    ・セコい小出しエロやってねえで乳首お毛々くらい出してみろや
    ・この子の魅力は胴長くびれボディ
    ・良い感じのブスとはまさにこの女
    ・タダならおっぱいくらいしゃぶるだろ?賢者かお前ら
    【日時】2018年12月16日
    【提供】gossip!


    【柏木由紀 主演ドラマ「パンツはストイックに」のお色気シーンにネット上歓喜】の続きを読む



    NO.7084472 2018/11/22 15:17
    ZOZO前澤社長43歳誕生日にインスタ更新 隣には剛力彩芽
    ZOZO前澤社長43歳誕生日にインスタ更新 隣には剛力彩芽
    株式会社ZOZOの前澤友作社長が22日、自身のインスタグラムを更新し、43歳の誕生日を迎えたことを報告。

    交際中の女優・剛力彩芽(26)が寄り添う写真をアップし、人気漫画「宇宙兄弟」の作者である小山宙哉氏が描いた自身の似顔絵のプレゼントも公開した。

    前澤氏は「今日で43歳になりました。みんなからすっごいプレゼントいただいちゃいました」とつづり、月をバックに「ZOZO SUIT」と宇宙服を着た自身の似顔絵を披露。

    2023年に月旅行を計画している前澤氏は「小山宙哉先生ありがとうございます!!」と感激をつづり、インスタのアイコンを似顔絵にチェンジした。

    この投稿には仲間に囲まれ、隣で剛力が寄り添う写真もアップ。

    フォロワーからは「隣に、ちょこんと居る彩芽ちゃんが、これまた可愛い」「素敵な1年となりますように」「宇宙服の中のゾゾスーツが粋だ」「本当に素敵なプレゼント!!宝物ですね」など祝福の声が上がっている。



    【日時】2018年11月22日 10:59
    【ソース】スポーツ報知


    【ZOZO前澤社長43歳誕生日にインスタ更新 隣には剛力彩芽】の続きを読む


    公務員の給与が5年連続で増え続けるワケ 庶民感覚とのズレ 


    NO.7141836 2018/12/19 09:43
    公務員の給与が5年連続で増え続けるワケ 庶民感覚とのズレ
    公務員の給与が5年連続で増え続けるワケ 庶民感覚とのズレ
    ■庶民感覚では納得がいかない給与増
    消費増税が迫る中、巨額の借金を抱えて財政難に陥っているハズの「国」の公務員の給与とボーナス(期末、勤勉手当)がまたしても引き上げられた。

    引き上げは5年連続である。

    11月28日に給与法改正案が与野党の賛成多数で可決され、成立。

    8月の人事院勧告にそって、2018年度の月給が平均で655円、率にして0.16%引き上げられるほか、ボーナスも0.05カ月増の年4.45カ月分になることが決まった。

    増額分は4月にさかのぼって年明けから支給され、平均年収は3万1000円増の678万3000円になるという。

    人事院勧告は民間の動向を踏まえて毎年の賃金の増額率を決めている。

    「民間並み」と言うわけだが、どう考えても庶民感覚では納得がいかない。

    ■本来なら人件費を含む歳出削減を行うべき
    「我が国の債務残高はGDPの2倍を超えており、先進国の中で最悪の状況」だと財務省は言う。

    歳入(収入)よりも歳出(支出)が大きいのが原因で、本来なら、まずは人件費を含む歳出削減を行うのが筋だ。

    ところが官僚たちは、自分の給料が毎年上がることについては「当然」だと思っているようだ。

    来年度予算では一般会計の総額..



    【日時】2018年12月19日
    【ソース】プレジデントオンライン


    【公務員の給与が5年連続で増え続けるワケ 庶民感覚とのズレ】の続きを読む

    このページのトップヘ