芸能ニュースセンター

芸能関係の様々なニュースをまとめています。


    NO.4960321 2016/08/24 00:14
    欅坂46センター・平手友梨奈 勘違い発言に失笑の嵐
    欅坂46センター・平手友梨奈 勘違い発言に失笑の嵐
    昨年8月に結成された秋元康氏プロデュースのアイドルグループ・欅坂46の平手友梨奈の“勘違い発言”が、失笑を買っている。

    平手といえば、「山口百恵の再来」「アイドル界随一のカリスマ性」などともてはやされ、センターを務めたデビューシングル「サイレントマジョリティー」(ソニー・ミュージックレーベルズ)は、累計売上35万枚超を記録。

    今月10日に発売された2ndシングル「世界には愛しかない」でもセンターを務め、初週売上32万枚を突破した。

    スポーツ報知のインタビュー取材に応じた平手は、欅坂46について「かわいらしいアイドルではなく、クールなアーティストになりたい」と発言。

    また、「19歳で迎える東京五輪では、応援ソングを歌いたい。これは絶対にやりたい!」と、リオデジャネイロ五輪の応援ソングを歌った安室奈美恵(NHK)、嵐(日本テレビ)、福山雅治(テレビ朝日)、SMAP(TBS)、EXILE(フジテレビ)に続きたいと目標を語り、そのために「国民的グループと言われるようにならないとだめですよね。頑張ります」と意欲を見せた。

    これらの発言に、ネット上では「勘違いアーティスト宣言、キターww」「口パクのくせに、よく真顔で言えるな」「最速で天狗になったか」「じゃあ、握手会やめたら?」といった揶揄が相次いでいる。

    同様の騒ぎといえば、乃木坂46の人気メンバー・白石麻衣が昨年3月、スポーツニッポンの取材に対し、「アーティストとして見てもらえるように頑張りたい」と発言。

    さらに、「もともとアイドルになりたいと思って乃木坂に入ったわけじゃない」「私はアイドル向きじゃない」「(メンバー)1人ひとりが持っている色はきちんとあるので、それをアーティストという感じにつなげていきたい」などと続け、これに対し「これだけ握手会やっといて、何を言ってるの?」「ファンが『AKB48とは違う』とかおだてるから、こんなことに……」とツッコミが相次ぎ、以降、白石はアーティスト発言を封印してしまった。

    なお、欅坂46は現在、2ndシングル購入者を対象とした全国握手会、個別握手会、私物サイン会を行っている。

    「狭い世界で、ちやほやされた結果の発言でしょう。
    アーティストに明確な定義はありませんから、平手がアーティスト宣言するのは自由ですが、欅坂46は音痴のメンバーが多く、AKB48以上に“口パク”に頼っているグループ。
    平手が望むように、今のスキルで東京五輪の応援歌に選ばれたとしたら、世間はどっちらけでしょうね」(芸能ライター)

    先月放送された『FNSうたの夏まつり』(フジテレビ系)では、山口百恵の「ひと夏の経験」のカバーを生歌で披露し、その不協和音にお茶の間をズッコケさせた欅坂46。

    この先、国民的アーティストへと成長し、東京五輪を応援歌で彩ることは叶うだろうか?
    【日時】2016年08月24日 00:00
    【提供】日刊サイゾー


    【欅坂46センター・平手友梨奈 勘違い発言に失笑の嵐】の続きを読む


    NO.7123867 
    日本の有休取得率、3年連続で最下位 人手不足で休みにくく
    日本の有休取得率、3年連続で最下位 人手不足で休みにくく
    日本の有給休暇取得率は3年連続で世界最下位――。

    旅行予約サイトのエクスペディア・ジャパン(東京・港)は10日、世界19カ国・地域の有職者を対象にした有給休暇の国際比較調査を発表した。

    有休取得率は50%にとどまったうえ、有休取得日数も世界で最も少ない10日間となった。

    同社は有休取得に罪悪感を感じる人が多いことなどが影響しているとみている。

    2019年4月に働き方改革関連法が施行され有休取得の義務化が始まるなか、従業員側の意識改革も遅れがちであることが浮き彫りになった。

    ■ワースト2位と20ポイント開き
    調査は18年9月、世界19カ国・地域で働いている18歳以上の男女を対象にインターネットで実施、1万1144人から有効回答を得た。

    18年の日本人の有休取得率は50%と世界19カ国・地域の中で最下位だった。

    日本の次に有休取得率が低いオーストラリアでも70%となっており、日本の有休取得率は世界的にみても圧倒的に低いことがわかった。

    日本の有休取得日数は10日で、米国、タイと並んで世界最下位だった。

    有休取得日数の多い国はブラジルとフランス、スペイン、ドイツの30日がトップで並んだ。

    全体的に欧州は有休取得日数..



    【日時】2018年12月10日 14:07
    【ソース】日本経済新聞


    【日本の有休取得率、3年連続で最下位 人手不足で休みにくく】の続きを読む


    NO.7092825 2018/11/26 16:50
    自称靴職人・花田優一 悪評ばかりのトラブル続出で事務所をクビ
    自称靴職人・花田優一 悪評ばかりのトラブル続出で事務所をクビ
    「彼の素行の悪さは、本当に目に余る。何度注意しても、まったく態度が改まりません。そんな姿を見て、事務所側も『これ以上は面倒を見られない』と堪忍袋の緒が切れたようです」

    こう語るのは、元貴乃花親方(46)の息子・花田優一(23)の知人だ。

    靴職人として注目を集めながら、昨年8月からは芸能事務所に所属しタレント活動をしていた花田。

    そんな彼が、所属事務所から契約解除を宣告されていた。

    コトの発端は、彼にまつわる靴のトラブル。

    現在、靴職人であるはずの花田に靴を注文した客から、「商品が届かない」とクレームが殺到しているというのだ。

    「花田は靴の製作のために20万円近くの料金を受け取りながら、一向に完成品を送らない。お客さんが連絡を取ろうとしても、なんだかんだと理由をつけて逃げ回っています。結局、事務所にお客さんから苦情が入る。何件かは最終的に返金という形でコトを収めたようですが、お客さんの不満は解消されていません。そもそも本人も靴職人よりタレントに興味があるようで、靴を作っているところを見たことがない。そのあげくに、今年8月には奥さん(陣幕親方の娘)を裏切って他の女性と“密会“していたことまで報じられました(本誌9月14日号)。事務所も、もう庇(かば)い切れない状態なのでしょう」(前出の知人)

    本誌は花田に靴を注文したことがある大阪在住の木村静香さん(仮名)の証言を得た。

    静香さんは昨年9月、結婚式のための夫へのプレゼントとして、花田に靴を注文。

    18万円もの大枚をはたいたがオーダーメイド靴は届かず、代替品として送られてきた靴もサイズがまったく合わない。

    何度も花田側に連絡を試みた結果、一言の謝罪もないまま返金だけがされたという。

    そんな彼女も花田に対して、「結婚式という一生に一度の晴れ舞台を、彼に台無しにされた」と、怒りを滲(にじ)ませている。

    この一連のトラブルを、本人はどう捉えているのか。

    本誌は11月中旬、都内で花田を直撃した。

    ――花田さん、靴のトラブルについてお聞きしたいのですが。

    「それはお客様にも関わることなので、表立って言えないんですけども……」

    ――注文した靴を作らず、連絡も取れない。

    返金で苦情を収束させたようですが。

    「いえ、あの……ちょっと(顧客の)プライベートなことなんで」

    ――職人として、おかしいのでは。

    「ちょっと、今仕事中なんで」

    ――芸能事務所も契約解除になったとか。

    「…………」

    花田は本誌記者の問いかけに一切応じようとせず、逃げるようにして付近のビルへと入っていった。

    ただただ呆(あき)れるばかりの“お坊ちゃん“の素行の悪さ。

    手塩にかけて彼を育ててきた元貴乃花親方すら、最近では息子を見放しがちだという。

    このままでは相撲界を引退した父親と同じように、芸能界から退場せざるをえないだろう。

    ■靴職人よりタレント業!?
    「優一はイタリアのフィレンツェで、靴職人として3年間修業。今は日本の自分の工房で、オーダーメイドで靴を製作している。一方で、タレントとしての活動も目立ち、昨年8月からは芸能事務所に所属。テレビのバラエティ番組に出演したり、TBSラジオで番組を持ったりと、親の七光りと事務所の力で何とか活躍していました」(相撲関係者)
    元貴乃花親方も、花田の職務怠慢にはおかんむりのようだ。

    10月29日に放送されたバラエティ番組「しゃべくり007」(日本テレビ系)に出演した元貴乃花親方は、息子に対して「20年、30年修業しないと。職人なんてゴマンといますから。テレビに出ている場合じゃない」と苦言を呈している。

    「そんな親心がわからないのか、花田は11月15日に更新したインスタグラムで、母親である元フジテレビアナウンサーの景子さんをおんぶしているかのような写真を投稿しています。花田は微笑み、景子さんは少し照れ笑いを浮かべているように見えます。靴を注文しているお客からすれば、いい歳した大人が母親と写真を撮る暇があれば“靴を作れ”と憤慨しているはずです」(前出・芸能記者)

    インスタグラムでは「笑顔でいてくれれば、一番!」とコメントした花田だが、周囲には笑えない人も多いに違いない。

    ■ネットの反応
    ・胡散臭いとは思ってたけど
    ・こいつは本当に靴作れるの?
    ・靴職人が芸能事務所とかまずおかしい
    ・なんかmattとダブる
    ・あの若さで名職人のはずが無い。物作りをなめてんのか
    ・さんまに作った靴をみてこれはアカンと感じたわ
    ・納期を守れないのは論外だな どこからも相手にされなくなるよ
    >木村静香さん(仮名)
    ・まさかw
    ・修業期間も短いよね。それでその金額で売るってすごいな
    ・出てきたときは両親が有名人なのに偉いなーなんて思っちまってたよ
    ・こんなん持ち上げてたマスコミも悪いわ
    ・なんちゅー手のひら返し
    ・こんな胡散臭いやつに靴をオーダーするやつも悪い
    ・手に持ってるのはスニーカーじゃないかw
    ・靴職人という設定の芸能人じゃなかったのか
    ・タニマチからイタリア滞在費を出してもらったり、甘やかした結果がこれやろ
    【日時】2018年11月26日
    【提供】gossip!


    【自称靴職人・花田優一 悪評ばかりのトラブル続出で事務所をクビ】の続きを読む


    NO.6054464 2018/01/16 09:15
    欅坂46・平手友梨奈、右腕のケガより深刻な"メンタル問題"
    欅坂46・平手友梨奈、右腕のケガより深刻な"メンタル問題"
    人気アイドルグループ・欅坂46の中心メンバー・平手友梨奈が、右腕の上腕三頭筋損傷のケガを負っていたことが判明した。

    公式サイトでは「平手友梨奈に関しまして、右腕の痛みを訴え、上腕三頭筋損傷で全治1ヵ月の怪我と診断されました」。

    続けて「日本武道館公演への出演に向けて治療を続けてまいりましたが、万全のパフォーマンスが困難だと判断いたしました」と報告された。

    欅坂は1月30日と2月1日に東京・日本武道館で単独コンサートを開催予定だったが、2日間とも、関連グループ「けやき坂46(ひらがなけやき)」の単独公演に振り替えられる。

    平手は今月8日と13日〜14日に名古屋市内で開催された握手会を欠席。

    昨年大みそかの『第68回NHK紅白歌合戦』でも、パフォーマンス後に過呼吸で倒れんでおり、ファンの間ではメンタル面を心配する声が上がっていた。

    今後、ケガによってグループに迷惑をかけたことが、責任感の強い彼女に重くのしかかる可能性もある。

    音楽関係者の話。

    「AKB48が『陽』な、欅坂は『陰』。暗めの曲が多く、それに引っ張られるようにメンバーもネガティブな子が多いのが、このグループの特徴です。中でも平手は楽曲の世界観の影響をモロに受けてしまうタイプで、昨年後半から不安定な状態が続いていました」

    平手が“限界ギリギリ”なのは、マスコミの間では広く知られた話で「楽屋に延々閉じこもることはしょっちゅう。某メディアのインタビュー取材では、終始無反応で周囲を困らせたこともある。通院治療を行っているようだが、この休養で良い方向に向かってほしいところ」(スポーツ紙記者)という。

    グループにとって平手は必要不可欠な存在だが、心身のバランスを崩しては元も子もない。

    右腕の負傷でしばらく休むことになるが、十分に静養してもらいたい。
    【日時】2018年01月16日 08:00
    【提供】日刊サイゾー


    【欅坂46・平手友梨奈、右腕のケガより深刻な"メンタル問題"】の続きを読む


    NO.3886776 2015/03/31 16:45
    乃木坂46・白石麻衣の「アーティスト宣言」に賛否
    乃木坂46・白石麻衣の「アーティスト宣言」に賛否
    乃木坂46の中心メンバー・白石麻衣(22)が、30日付のスポーツニッポンのインタビューで「アーティスト宣言」をしたとして賛否を巻き起こしている。

    AKBグループで最も「顔面偏差値」が高いといわれる乃木坂の中でも屈指の美形である白石。

    最近は女性向けファッション誌「Ray」(主婦の友社)の専属モデルを務めるなどアイドルの枠を超えて活動している。

    「まいやんの野望...乃木坂をアイドルではなくアーティストに」と題したインタビューに登場した白石は、モデル活動の話題をきっかけに「専属モデルを始めてから、徐々に女性のファンが増えてきました。でも、自分がアイドルという感じがしなくて...(笑い)」と発言。

    続けて「もともとアイドルになりたいと思って乃木坂に入ったわけじゃない」「私はアイドル向きじゃない」などと語った。

    これだけなら「自分にはアイドルとしての資質がない」と謙遜しているようにも思えるが、さらに「乃木坂はアイドルなんですけど、いつかアーティストになってほしいという思いが私にはあります。乃木坂がアーティストとして見てもらえるように頑張りたい」と口にしている。

    これは「アイドルをステップにアーティストと呼ばれる存在になりたい」という意味であるのは明らかだろう。

    また、白石は「乃木坂はアイドルっぽくない子が集まったグループなんです」と乃木坂を分析しつつ「でも、一人一人が持っている色はきちんとあるので、それをアーティストという感じにつなげていきたいと私は思っています」と抱負を語っている。

    この一連の発言が同紙のデジタル版に転載されると、一部ファンからは「応援したい」といった意見があったものの非難が殺到。

    ネット上には以下のような厳しい意見が多数書き込まれ、炎上状態になっている。

    「ああ、言っちゃった。勘違い」

    「だったら握手会やめろよ」

    「アーティスト路線がどうとか、自分から言うとカッコ悪い」

    「自分からアイドルは低レベルって言ってるようなもの」

    「あなたがチヤホヤされてるのはアイドルだからだよ」

    「アーティスト宣言は終わりの始まり」

    一般のネットユーザーだけでなく、乃木坂ファンの間でも

    「こういうこと言うから白石は好きじゃない」

    「AKBと一緒にされたくないって意識が強すぎ」

    「ドルオタを切り捨てそうで不安」

    などと否定的な意見が目立っている。

    アイドル界では、今年1月にエイベックス所属の5人組グループ「東京女子流」がアーティスト宣言し、アイドル専門誌への露出やアイドルフェス出演を止める方針を打ち出している。

    だが、6月に中国・上海で開催されるアイドルフェスに中川翔子(29)、でんぱ組.inc、SUPER☆GiRLSとともに出演することが明らかになっており、アーティスト路線が徹底されているのかは疑問だ。

    また、かつてアイドル声優として人気を博していた平野綾(27)は「私は声優でありたい。アーティストでありたい。表現者でありたい」などと自身のブログで発言。

    これが「切り捨てられた」と感じた声優ファンの反発を生み出し、さらにはスキャンダルの影響もあって人気を失ってしまった。

    同じくアイドル声優として活躍していた椎名へきる(41)もアーティスト路線への転向をきっかけに支持を失っており、そういった人気凋落のパターンを揶揄する「アーティスト病」なる言葉もある。

    アイドルからアーティストに上手にステップアップしたのは、近年では世間に音楽性が認められて無理なく移行できた「Perfume」くらい。

    また、きゃりーぱみゅぱみゅ(22)は「あたしアイドルじゃねえし!!!」と題した雑誌連載をするなどアイドル路線の拒絶を明確に打ち出し、アーティスト枠に自然に収まっている。

    だが、どちらもプロデューサーである中田ヤスタカ(35)の音楽性に依拠する部分が大きく、他のアイドルが簡単にマネできるものではない。

    大半の「アーティスト宣言」は前述のように死屍累々の状況なのが実情だ。

    「アーティスト宣言は『アイドルのポジションを捨てて、もっと上の存在になりたい』と言っているようなもの。アイドルを低ランクの仕事と見なしていることが不信感を生み出し、従来のファンが離れることになる。かといって、実力がなければ新規のファンもつかない。ですから、単純にアイドル人気に舞い上がって宣言してしまった場合は失敗に終わるケースが圧倒的。過去の芸能活動を否定すればファンから逆恨みされる危険性もあり、自分から言い出すのはリスクが大きい」(アイドルライター)

    乃木坂は3月30日付オリコン週間シングルランキングで新曲「命は美しい」が初動50万枚を突破し、10作連続での1位を獲得した。

    数字だけ見れば名だたるアーティストと遜色ないが、乃木坂の売り上げは握手券の付属やジャケット違いの複数タイプの発売など「アイドル商法」に大きく依存している。

    また、それを買い支えているのは紛れもない「アイドルファン」だ。

    アイドル商法やアイドルファンを否定して、現在の人気と売り上げを維持できるのかは誰もが疑問を抱くところだろう。

    だが、本当に「脱アイドル」に成功すれば他に類のないグループが誕生する可能性もある。

    単なる「勘違い」でヒンシュクを買って終わってしまうのか、はたまた有言実行となるのか、白石をはじめとした乃木坂の今後の成長に注目だ。
    【日時】2015年03月31日
    【提供】メンズサイゾー


    【乃木坂46・白石麻衣の「アーティスト宣言」に賛否】の続きを読む

    このページのトップヘ