芸能ニュースセンター

芸能関係の様々なニュースをまとめています。


    戸田 梨香(とだ えりか、1988年8月17日 - )は、日本の女優。兵庫県神戸市出身。フラーム所属。 小学生の頃から芸能活動を開始し、中学卒業までは関西の芸能事務所に所属していたが、現事務所フラームに招へいされ中学卒業を機に上京。 2003年、『週刊ヤングジャンプ』の「制コレ'03」にエントリー
    37キロバイト (4,697 語) - 2018年12月15日 (土) 15:25



    1 名無し募集中。。。 :2018/12/03(月) 19:02:44.13 0.net

    戸田恵梨香がヒロイン! 秋の朝ドラ『スカーレット』 断捨離後に出演決定

     2019年度後期のNHK連続テレビ小説の制作・ヒロイン発表会見が3日、NHK大阪放送局で行われ、
    ヒロイン役を女優の戸田恵梨香が務めることが発表された。ドラマのタイトルは『スカーレット』で、
    ドラマ『ホタルノヒカリ』『母になる』などを手掛ける水橋文美江が脚本を担当することも発表された。

     NHK連続テレビ小説『スカーレット』は、NHK総合ほかにて2019年9月30日より放送。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181203-00060887-crankinn-ent

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【2019年のNHK朝ドラヒロイン 広瀬すず→戸田恵梨香】の続きを読む


    misono(みその、1984年10月13日 - )は、日本の女性歌手、バラエティタレント。本名は神田 美苑(こうだ みその)。 京都府京都市伏見区出身。元エイベックス・マネジメント所属。day after tomorrowのボーカル、作詞を担当し、活動休止後の2006年にソロデビュー。夫はロックバ
    31キロバイト (2,885 語) - 2018年12月7日 (金) 15:39



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/12/16(日) 09:04:07.89 ID:CAP_USER9.net


    (出典 image.dailynewsonline.jp)


    歌手のmisono(34)が16日に自身のブログを更新し、その内容が話題となっている。
    misonoは先日、「病は気から!健康第一!カラダが資本!なんだけど…」「「偏頭痛の薬を、初めてもらえて…頭痛薬も、初めて飲んでみたんだけど!(中略)頭も耳も目も心臓も喉も、痛すぎるし…」
    などと深刻な体調不良を報告したことでも話題となったばかり。

    そんなmisonoが16日、新しいビジネスを始めるためのミーティングやバンドメンバーとのリハーサルなど順調な仕事ぶりを報告した。
    また、追伸として体調不良の件について、「『事務所、退社が原因では?と心配の声』という記事もあったのですが(笑)アメブロにも、書いてありますが…体調不良は『2017年の年末から』ですから。
    その時になった病気は、完治していますが…」と説明。ネット上で噂になっていたエイベックス独立による体調不良説を一蹴した。

    misonoはさらに、自身の体調不良に対する世間の反応について、「それと『ブログを書く前に病院、行けよ』っていう呟きもあったのですが。
    皆様、やっぱり「ニュースのタイトルだけしか見られてない」んですね(笑)当たり前だけど、色んな病院に行って…全ヶ所、検査してますから。
    コチラも、アメブロに書いてありますから。伝え続けても…全然、届かないっていう(笑)」と、自分の言葉が正確に伝わらない現状について嘆いていた。

    今月4日には夫でロックバンド・HighsideのドラマーであるNosuke(29)が公式サイトを通じて体調不良のため年内の活動を休止すると発表していたことから、
    「夫婦で体調不良って感染症とかの疑いもありそうだけど」「精密検査が必要だね」といった声が上がっていた。

    独立前から体調不良だったというmisono。新年に向けて仕事面では好調な様子だが、すでに別居中という夫婦仲など心配の種は尽きないようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1612496/
    2018.12.16 07:23 デイリーニュースオンライン


    (出典 Youtube)

    day after tomorrow - My faith


    【【芸能】misono、「エイベックス独立は関係ない!」体調不良の原因についてネットの噂を一蹴!】の続きを読む


    滝沢 秀明(たきざわ ひであき、1982年3月29日 - )は、日本の俳優、タレント、歌手、演出家で、KEN☆Tackeyのメンバー。男性アイドルデュオ・タッキー&翼の全活動期(2002年 - 2018年)のメンバー。愛称は「タッキー」。 東京都八王子市出身。ジャニーズ事務所所属。
    60キロバイト (7,525 語) - 2018年12月11日 (火) 03:03



    1 湛然 ★ :2018/12/13(木) 05:07:01.30 ID:CAP_USER9.net

    [2018年12月12日18時20分]
    滝沢秀明がタレント最後の会見、別れではなく「行」

    滝沢秀明(36)が12日、都内で行われたWOWOWプライムの主演ドラマ「孤高のメス」(来年1月13日スタート、日曜午後10時)の完成披露試写会に出席した。年内いっぱいで芸能活動を引退し、ジャニー喜多川社長の意思を継ぎ裏方に専念することを発表しており、タレントとして会見などに出席するのはこの日が最後となった。

    司会者から今年を表す漢字一文字を聞かれ、「今回、僕は大きな決断をしましたので、『行』って字ですね」と答えた。「皆さんとさよならではなく…さよなら、という言葉は使いたくないんですよね。行ってきます、という意味で、『行』という漢字にしたいなと思います」と話すと、大きな拍手を浴びた。

    来年からの抱負について、「とにかく大きな男になって。身長は無理ですけど」とおどけて、笑いを誘った。その上で「人として大きくなって、そして、皆さんの期待に応えたいと思います」と誓った。イベント中には、「今回は(身長の)大きな役者さんが多いので、今日は低めで設定しています。わざとですからね!」とジョークを飛ばし、場を和ませた。

    劇中では外科医役に初挑戦。「やりがいのある現場でした」と振り返った。初共演の仲村トオル(53)については「小さい頃からテレビで見ていた方なので、初めてお会いして、本当にかっこいなと現場で思っていました」と話した。仲村からは「滝沢くんの印象は一言で言うとしなやかな人。これまで転んだり、壁にぶつかったりしながら身についたんじゃないかなと思っています」と称賛された。

    工藤阿須加(27)山本美月(27)石丸幹二(53)長塚京三(73)らも出席した。


    WOWOW連続ドラマ「孤高のメス」完成披露試写会で、笑顔で感想を語る滝沢秀明(左)。右は工藤阿須加。中央は長塚京三(撮影・浅見桂子)

    (出典 www.nikkansports.com)

    WOWOW連続ドラマ「孤高のメス」完成披露試写会で、長塚京三(右)のコメントに笑顔を見せる滝沢秀明(撮影・浅見桂子)

    (出典 www.nikkansports.com)


    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201812120000636.html


    【【芸能】滝沢秀明がタレント最後の会見、別れではなく「行」】の続きを読む


    橋本 (はしもと かんな、1999年2月3日 - )は日本の女優・歌手。 福岡県出身。 アクティブハカタおよびディスカバリー・ネクストに所属。 2007年(小学校三年生当時)、「テレビに出たい」と思い、母に頼み福岡の芸能事務所「アクティブハカタ」に所属する。初めは地方CMの仕事が中心だったが、
    147キロバイト (16,973 語) - 2018年12月15日 (土) 15:19



    1 湛然 ★ :2018/12/14(金) 05:07:07.85 ID:CAP_USER9.net

    12/14(金) 5:01 スポーツ報知
    橋本環奈、連ドラ初主演「1ページの恋」 3人のイケメンとのラ*トーリー

     女優の橋本環奈(19)が、無料インターネットテレビ局「AbemaTV」の連続ドラマ「1ページの恋」(来年2月18日スタート、月曜・後11時)に主演することが13日、分かった。橋本は連ドラ初主演となる。

     来年2月に20歳の誕生日を迎える“1000年に一人の美少女”橋本が、とうとう連ドラ主演を射止めた。同作は、AmebaTVが17年に開催した「NEXT CREATOR’S COMPETITION」でシナリオライター賞の大賞を受賞したオリジナル作品。主人公・水瀬あかり(橋本)が、運命的な出会いを果たした初恋の彼・郁巳(板垣瑞生)、いつもそばにいる幼なじみの彼・大和(濱田龍臣)、刺激的な大人の彼・有利(古川雄輝)という、タイプの違う3人の男性の間で恋を繰り広げるという王道のラ*トーリーだ。

     橋本は「(撮影時に)10代最後のドラマとなる本作品で演じるあかりという役は、絵を描くことが大好きな、優しくてすごくピュアな女の子です」と役を分析。「運命的に出会った島の郁巳くんに何年間も片思いし続けることは単純にすごいことだなと思いますし、10代、20代の女性が見たときに共感できる部分や、心が洗われるような、透き通るような感覚が伝わるといいなと思ってます」と意気込む。

     「きっと誰にでも通じるキュンキュンするところをドラマを通してぜひ感じてもらいたいです」と橋本。果たしてラ*トーリーの行方は? ページをめくるような楽しみがありそうだ。

     ◆最近の橋本環奈の活躍

     ▼変顔 16日に最終回を迎える日本テレビ系「今日から俺は!」(日曜・後10時半)でスケバンの京子を演じているが、白目もいとわぬ振りきった変顔が話題に。「今日から―」と同じ福田雄一監督作品の映画「銀魂」シリーズでも「鼻ほじ」や全力変顔で観客をざわつかせた

     ▼映画 人気漫画を実写化した「キングダム」(来年4月19日公開予定)で人気キャラ・河了貂(かりょうてん)役に抜てきされる。ショートカット姿で役を再現

     ▼バラエティー 日本テレビ系の人気番組「ぐるぐるナインティナイン」のグルメレース「ゴチになります!」にレギュラー出演中。現在は下位に低迷しておりクビ候補のひとり。年末の最終戦まで気が抜けない

     ◆橋本 環奈(はしもと・かんな)1999年2月3日、福岡県生まれ。19歳。2007年から福岡の芸能事務所に所属し、09年からアイドルグループ「Rev.from DVL」メンバーに。13年に地元のイベントで撮影された写真が「奇跡の一枚」と話題に。「千年に一人の逸材」と呼ばれる。16年、映画「セーラー服と機関銃―卒業―」で初主演。同作主題歌でソロ歌手としてもデビュー。家族は両親と兄2人。身長152センチ。血液型AB。


    連ドラ初主演となる橋本環奈

    (出典 amd.c.yimg.jp)

    橋本環奈が初主演する連続ドラマ「1ページの恋」のワンシーンと初恋の彼・板垣瑞生

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181214-00010003-spht-ent


    【【ドラマ】橋本環奈、連ドラ初主演「1ページの恋」 3人のイケメンとのラブストーリー】の続きを読む


    上沼 恵美子(かみぬま えみこ、1955年4月13日 - )は、日本のローカルタレント、歌手、司会者、ラジオパーソナリティである。本名同じ。旧姓、橋本(はしもと)。 兵庫県三原郡福良町(現:南あわじ市福良乙)出身。上沼事務所所属。帝国女子高等学校大和田校(現:大阪国際大和田高等学校)中退。
    26キロバイト (3,316 語) - 2018年12月12日 (水) 02:34



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/12/16(日) 09:00:25.29 ID:CAP_USER9.net

    「あれは本当にヤバい」

    と関西のテレビ局関係者が震えるのは、お笑いコンビ『とろサーモン』の久保田かずのぶ(39)の発言。

    テレビ番組などでも報じられたように、久保田は12月2日の『M-1グランプリ』の後、酒に酔った状態でSNSでライブ配信。
    そこで『スーパーマラドーナ』の武智とともに、『M-1』の審査委員を務める上沼恵美子(63)に大暴言を吐いてしまったのだ。

    「“(審査員を)そろそろやめてください”“(上沼は)更年期障害か?”とまで言ってしまったんです」(女性誌記者)

    この暴言は社会人として言語道断だが、

    「上沼さんは関西のテレビ界のトップ。『怪傑えみちゃんねる』(関西テレビ)と『上沼・高田のクギズケ!』(読売テレビ)は関西で絶大な影響力を誇り、全国ネットでの料理番組、ラジオ番組も持つ。
    2014年に亡くなったやしきたかじんさんと並ぶ、“西の女帝”ですよ」(前出のテレビ局関係者)

    この事態に、上沼と同じ『M-1』審査員で2人が所属する吉本興業の先輩の『ダウンタウン』の松本人志(55)も、すぐに反応。
    久保田と武智に対し、「上沼さんが、どれだけすごい芸人なのか分かっていない」と叱責し、
    「俺が1回、挨拶に行かないといけないと思うんです」と、直接謝罪の意思を示したのだ。

    「上沼に気を遣うのは彼だけではない。明石家さんま(63)も、16年夏の『さんまのまんまSP』で、彼女を前にタジタジになったことがありました。不仲説が書かれた雑誌を手に、上沼が彼を追及。
    さんまは少し“参った”という感じに見えましたね(笑)」(芸能記者)

    さんま、松本というお笑い界のトップをひれ伏させるパワー。その影響力は当然、テレビ界に轟いている。

    「まず、この騒動を関西の番組ではほとんど扱っていません。上沼さんが“タブー”な存在だからですよ。また、恐怖の“女帝ルール”も存在する。
    まず彼女に初見の芸能人は、お土産を持っていくのが必須。レギュラー出演者は誕生日プレゼントも欠かせないですが、その際の注意点は、必ず誕生日前に持っていくこと。
    少しでも過ぎると降板させられると噂されています。
    ちなみに最近のお気に入りはスワロフスキーといわれています」(前同)

    他にも、さまざまな“ルール”が報じられているが、お笑い関係者はこう言う。

    「それらは、やや独り歩きした“伝説”だと思います。本当にすごいのは、上沼さんの笑いの実力。高田純次さん(71)とともに司会を務める『クギズケ!』では、
    番組開始前に楽屋で高田さんと局の幹部とでトークをするんですが、30分以上、彼女一人がずっとしゃべって大爆笑が起こる。
    それは局内中に響くほどの声になるんです。もちろん、本番がさらに面白いのは言うまでもありません」

    松本も語っていた圧倒的な笑いの実力。それが上沼の“恐怖伝説”につながっているのかもしれない。
    12月17日発売の『週刊大衆』ではこの他に、深田恭子、水卜麻美アナ、清野菜名らに噂される「急速成長」など、芸能情報を多数報じている。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15747004/
    2018年12月16日 8時10分 日刊大衆


    【【芸能】明石家さんまも松本人志もビビる、上沼恵美子“伝説と実力”】の続きを読む

    このページのトップヘ