芸能ニュースセンター

芸能関係の様々なニュースをまとめています。

    カテゴリ:芸能 > 歌手/ボーカル/バンド


    ゆずは、日本のフォークデュオ。セーニャ・アンド・カンパニー所属。公式ファンクラブ名は「ゆずの輪」。 ストリートミュージシャン出身のフォークデュオのパイオニア的存在で、1997年頃から始まった第2次路上ライブムーブメントの先駆けとされる。路上時代は主に神奈川県横浜市中区伊勢佐木町の横浜松坂屋前で路上
    101キロバイト (7,596 語) - 2018年12月5日 (水) 12:13



    (出典 art21.photozou.jp)



    1 ひろし ★ :2018/12/17(月) 22:18:30.64 ID:CAP_USER9.net

    12/17(月) 21:31配信

    ゆずが12月19日21:00に、今後の活動に関する「重要なお知らせ」を行うと発表した。

    メンバーの北川悠仁と岩沢厚治はオフィシャルサイトにて「ゆずから今後の活動について重要なお知らせがあります」とコメント。「発表日時は12月19日(水)21:00。同日、ゆずのオフィシャルSNSをチェックしていてください。よろしくお願いします」とファンに向けてメッセージを送っている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181217-00000123-natalien-musi


    【【音楽】ゆず、12月19日に「今後の活動について重要なお知らせ」】の続きを読む


    “原爆Tシャツ”で炎上のBTS(防弾少年団)に英仏米メディア「21世紀のビートルズ」 - ニフティニュース
    2017年に世界のポップ界を驚かせたBTS(防弾少年団)の勢いは2018年に入り加速した 英BBCなどはBTSを「21世紀のビートルズ」「YouTube時代のビートルズ」などと称 ...
    (出典:ニフティニュース)



    1 豆次郎 ★ :2018/12/17(月) 12:34:03.10 ID:CAP_USER9.net

    2018年12月16日 17時0分
    文春オンライン

     2017年、アメリカの3大音楽授賞式の一つ「アメリカン・ミュージック・アワード」(AMAs)で単独ステージに立ち、世界のポップ界を驚かせたBTS(防弾少年団)の勢いは、2018年に入りさらに加速した。


     2枚のアルバムがともにビルボードアルバムチャート(ビルボード200)1位を獲得するという、アジアのアーティストとしては初となる快挙を成し遂げると、韓国ソウルのオリンピックスタジアムからはじまり、ニューヨークのシティ・フィールドスタジアムやロンドンのO2アレーナなどを経て日本の四つのドームで幕を降ろしたワールドツアーでは、16の都市、79万席のチケットをすべて完売させた。


    BTSは「YouTube時代のビートルズ」?
     その「グローバルなセンセーション」に注目したイギリスのBBCやフランスのフィガロ、アメリカのフォー*などは、BTSを指して「21世紀のビートルズ」「YouTube時代のビートルズ」などと称した。単純に商業面での成功を比較し、そう呼んだわけではない。1964年、ビートルズがニューヨークのケネディ空港に降り立った瞬間から巻き起こった音楽的・産業的・社会的な変化とそれを支えた献身的なファンダム。当時を覚えている多くの人は、そのエネルギーをいまのBTSから感じているようにみえる。

     ビートルズの時代を簡単に振り返ってみよう。ビートルズがアメリカに進出したとき、その自由な振る舞いと明るい音楽は、1963年のジョン・F・ケネディの暗殺後、求心力を失って沈鬱な雰囲気に満たされたアメリカ社会に衝撃に近いエネルギーを与えていた。とくに「ビートルカット」とも呼ばれたマッシュルームのような長い髪型と自由奔放な表情は、短い髪型をしたマッチョな男性像が強調されていたアメリカのメディア文化そのものに新たなトレンドをもたらした。さらに、グローバルなポップスターとなっていく中で、ビートルズはさまざまな変化を試み、献身的なファンダムとともに「愛と平和を象徴するアーティスト」として成長していった。

     2013年に韓国でデビューしたBTSがグローバルなポップスターに成長するまでの過程にも、ビートルズの軌跡に重なるような興味深い要素が多々見られる。

    「俺たちは全員犬や豚」アイドルらしかぬ過激な歌詞
     そもそもBTSは、K-POPを動*大手音楽事務所ではない小さな会社のアイドルとしてデビューしたことで、デビュー当初は主流メディアからほとんど注目されなかった。しかし彼らは、その不利な立場から成長していく自分たちの姿と同世代へのメッセージを、ブラックミュージックのサウンドと表現様式に乗せ、SNSをつうじて活発に発信しながら「BTSとしての物語」を構築していった。

    「若者の人生と夢、愛」を音楽のテーマとしている彼らは、その若者を苦しめる格差や不平等などに対して政治的なメッセージを投げかけることをもためらわなかった。

     たとえば、「DOPE」(2015年)では「何放世代(経済的・社会的理由で結婚、出産、安定した雇用などを手放さざるを得ない韓国の若者たちを揶揄する言葉)」「マスコミと大人たちは『意志がない』と俺たちを罵倒する」などといった歌詞が、「Am I Wrong」(2016年)では当時韓国教育省高官による「民衆は犬や豚」という発言を批判したと読み取れる「俺たちはみんな犬や豚、キレて犬になる」という歌詞や、「このクチコミが何ともないなら、このヘイトが何ともないなら、お前は正常じゃなく非正常」などといった歌詞が登場する。こうした歌詞を現役のアイドルが歌っていることを想像してもらえば、BTSのアイドルとしての特殊性を実感してもらえるはずだ。

    既存の権威から離れた場所で獲得したファンダム
    『花様年華Pt. 2』がビルボードアルバムチャートにランクインした2015年頃から、BTSのファンクラブ「A.R.M.Y」を中心としたグローバルなファンダムが爆発的に拡大した。それを可能にしたのは、彼らが表現する先端の音楽と圧倒的なダンスパフォーマンスだけではなく、その強いメッセージ性と成長し続けようとする態度、従来の男性像とは一線を画すファッションとイメージに共感したファンダムの力であり、言語の壁など簡単に乗り越えてしまうソーシャルメディアの力だった。

     既存の秩序や権威から離れたところで、BTSの音楽をつうじて、いまの時代を生きる自分を見つけ出そうとする献身的なファンダム。その姿から、欧米のメディアはビートルズとそのファンダムを思い出したのだろう。

    続きはこちらで↓
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15748369/


    【【韓国】“原爆Tシャツ”で炎上のBTSが「21世紀のビートルズ」と呼ばれる理由】の続きを読む


    misono(みその、1984年10月13日 - )は、日本の女性歌手、バラエティタレント。本名は神田 美苑(こうだ みその)。 京都府京都市伏見区出身。元エイベックス・マネジメント所属。day after tomorrowのボーカル、作詞を担当し、活動休止後の2006年にソロデビュー。夫はロックバ
    31キロバイト (2,885 語) - 2018年12月7日 (金) 15:39



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/12/16(日) 09:04:07.89 ID:CAP_USER9.net


    (出典 image.dailynewsonline.jp)


    歌手のmisono(34)が16日に自身のブログを更新し、その内容が話題となっている。
    misonoは先日、「病は気から!健康第一!カラダが資本!なんだけど…」「「偏頭痛の薬を、初めてもらえて…頭痛薬も、初めて飲んでみたんだけど!(中略)頭も耳も目も心臓も喉も、痛すぎるし…」
    などと深刻な体調不良を報告したことでも話題となったばかり。

    そんなmisonoが16日、新しいビジネスを始めるためのミーティングやバンドメンバーとのリハーサルなど順調な仕事ぶりを報告した。
    また、追伸として体調不良の件について、「『事務所、退社が原因では?と心配の声』という記事もあったのですが(笑)アメブロにも、書いてありますが…体調不良は『2017年の年末から』ですから。
    その時になった病気は、完治していますが…」と説明。ネット上で噂になっていたエイベックス独立による体調不良説を一蹴した。

    misonoはさらに、自身の体調不良に対する世間の反応について、「それと『ブログを書く前に病院、行けよ』っていう呟きもあったのですが。
    皆様、やっぱり「ニュースのタイトルだけしか見られてない」んですね(笑)当たり前だけど、色んな病院に行って…全ヶ所、検査してますから。
    コチラも、アメブロに書いてありますから。伝え続けても…全然、届かないっていう(笑)」と、自分の言葉が正確に伝わらない現状について嘆いていた。

    今月4日には夫でロックバンド・HighsideのドラマーであるNosuke(29)が公式サイトを通じて体調不良のため年内の活動を休止すると発表していたことから、
    「夫婦で体調不良って感染症とかの疑いもありそうだけど」「精密検査が必要だね」といった声が上がっていた。

    独立前から体調不良だったというmisono。新年に向けて仕事面では好調な様子だが、すでに別居中という夫婦仲など心配の種は尽きないようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1612496/
    2018.12.16 07:23 デイリーニュースオンライン


    (出典 Youtube)

    day after tomorrow - My faith


    【【芸能】misono、「エイベックス独立は関係ない!」体調不良の原因についてネットの噂を一蹴!】の続きを読む


    浜崎 あゆみ(はまさき あゆみ、1978年10月2日 - )は、日本の女性歌手・シンガーソングライター。かつては女優、モデルとしても活動していた。本名は濱﨑 歩(読み同じ)。愛称はあゆ、ayu。公式の英語表記はayumi hamasakiであり作詞のクレジットとしてオリジナル曲の多くに用いられている
    50キロバイト (4,890 語) - 2018年12月8日 (土) 23:28



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/12/15(土) 20:44:09.90 ID:CAP_USER9.net


    (出典 image.dailynewsonline.jp)


    歌手の浜崎あゆみ(40)が自身のインスタグラムを更新し、パリのエッフェル塔をバッグに撮影した写真を公開した。浜崎は12日にインスタグラムに、
    「今日もまた、陽がどこか別の場所を照らし始める頃、大切な人達に優しい1日の終わりが訪れますように。
    不安な夜など来ませんように」「ただそれだけでいい。それが難しいんだけどさ」と浜崎の楽曲を連想させるような詩をつづりつつ、パリで佇む自身の姿を公開した。

    その写真には紅葉がきれいな町並みとその奥に佇むエッフェル塔をバッグに、バルコニーのような場所から顔を出し、
    柔らかい表情を浮かべている浜崎の姿。輝くパリの空の様子が印象的な一枚だ。

    この投稿にネット上では、「いまパリにいるのかな?この写真神々しすぎる!」「ため息が漏れるような素敵な写真だな?」
    「パリでのひとときを満喫してるのかな?」「まるで絵画のよう」といった称賛の声が飛び交っている。

    これまでも幾度となくパリを訪れている浜崎。昨年2月にもエッフェル塔をバックに両手を上げた写真を公開し、
    いまではパリを訪れた浜崎のファンが同じ写真を撮影することもあるようだが、今回のこのポーズも浜崎ファンの間で流行するかもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1610049/
    2018.12.14 10:06 デイリーニュースオンライン


    【【芸能】浜崎あゆみ、エッフェル塔の前でたたずむ姿に「神々しすぎる」「まるで絵画」の声】の続きを読む

    このページのトップヘ