芸能ニュースセンター

芸能関係の様々なニュースをまとめています。

    カテゴリ:芸能 > 歌手/ボーカル/バンド



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/01/20(日) 22:03:59.11 ID:Tt7ABwNY9.net

    昨年9月16日に引退した歌手・安室奈美恵さん(41)のドキュメンタリー番組『NHKスペシャル 平成史スクープドキュメント 第4回「安室奈美恵 最後の告白」』(総合 後9:00)が20日、放送された
    引退前に収録されたインタビューでは安室さんが、引退を決断した理由について語った。

    番組後半、引退を決める上で「最後に背中を押したものは何だったのか」と聞かれると「ファンの皆さんの中に、『いい状態の安室奈美恵』を思い出として残してほしいなって思って。
    一つのゴール地点はそこだったりしたので」と告白。また、「声帯も壊してしまっていた時期もあって、声帯も限界なのかな、声がでないのかなと」と、自身の喉の状態についても明かした。

    最後には「いろんなことがめまぐるしく流れていった時間を濃厚に過ごして、25年間を悔いなくやりきったというのはありますね。
    14歳でデビューした女の子が40歳まで音楽に携われるなんて本当に思ってなかったので、本当に奇跡だなって」とあらためて感謝を口にしていた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15900725/
    2019年1月20日 21時59分 オリコン


    (出典 image.news.livedoor.com)


    【安室奈美恵さんの引退の理由は...】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/01/19(土) 23:45:53.91 ID:mYVqITKL9.net


    (出典 image.dailynewsonline.jp)


    歌手の浜崎あゆみ(40)が15日、自身のインスタグラムを更新した。浜崎といえば先日、
    「祝成人」というコメントと共に赤いFENDIのニットにチェックのミニスカートとニーハイブーツを合わせたコーディネートを披露したところ、
    「恥ずかしい事に気付いて!」などの猛ツッコミがあがってしまったばかり。

    そんな浜崎はこの日、「Getting ready with my girrrrrrlz and the boooooooyz for Osaka」と綴り、ステージ上の写真を2枚公開した。
    一枚目は女性ダンサーとの写真、二枚目は男性ダンサーたちとの写真だが、男性ダンサーと写っている写真が今回も注目を浴びてしまったようだ。

    浜崎のこうした投稿に対し、ネット上からは、「男性ダンサーとイチャイチャしすぎ」「ハレンチだな」「体の接待が無ければねー。
    どうなんだろね」などの厳しいコメントが飛び交っているほか、「インスタに翻訳するってのがあったから押してみたら意味不明な日本語が出てきた」
    「英文はテキトーかついい加減なスラングだらけ」というツッコミもよせられた。

    投稿された写真は舞台の演出のひとつと思われるが、一緒に投稿された英文は、
    「女の子や男の子と大阪に向けて準備してるよー」と直訳できるにしても、少々本意が伝わりづらかったのかもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1654399/
    2019.01.19 22:18 デイリーニュースオンライン


    【投稿写真にツッコミの嵐!浜崎あゆみのライブ写真とは?】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/01/18(金) 19:28:24.07 ID:gBolYTK99.net

    アーティストのきゃりーぱみゅぱみゅが、1月15日にユニバーサル・スタジオ・ジャパン(以下USJ)に、プライベートで遊びに行った様子をインスタグラムに投稿し、話題になっている。
    コメント欄には「かわいい!」「楽しんでるね~」といった反応に混じり「よくバレないよね」「騒がれなかった?」など、変装せず素顔でテーマパークを楽しんだ様子に驚きの声も聞こえた。

    この模様を報じたニュースのコメント欄には「変装してないから逆に普通の人っぽくて気づかれないのかな」
    「芸能人がいるかもって注意して見てない限りは気づかないものかも」という“気付かれなかった説”、
    「プライベートで来てるんだから、気づいたとしても気を遣って騒がないのがマナー」といった“実は気付いている説”に混じり、「きゃりーじゃそもそも騒ぐレベルじゃないでしょ」
    「人気も下火だし、もう誰も騒いでくれないかも」といった“人気低下説”まで、様々な憶測が飛んだ。

    「きゃりーの場合、メディアに登場する姿が派手ですから、素顔ではそれと気付かれにくいのかも知れません。
    アーティスト活動をしていると、ファンには熱狂的に支持をされますが、一般的にはあまり関心を持たれないという二極化を生みます。ブレイクした頃と比較すれば、
    一般的な人気も落ち着いてきていますから、ライブに足を運んでいるようなファンに偶然遭遇しない限り、騒がれるということもないかもしれません」(芸能ライター)

    著名人としてはテーマパークの人混みで気づかれずに遊べるのは嬉しいことなのか、あるいは寂しいことなのか。
    それはさておき、今回のきゃりーぱみゅぱみゅの場合は、十分満喫できたようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1657254/
    2019.01.18 18:15 アサジョ


    【きゃりーぱみゅぱみゅがUSJでファンに...】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/01/16(水) 18:00:54.38 ID:BQ/gMhGk9.net

    ドクロのパンツにラフなTシャツ。手首に派手なバンドをつけて、人さし指と小指を立ててポーズを決める。

    普段見せるフェミニンなスタイルとはまったく別人の西野カナ。その写真が撮られたのは、活動休止を発表するちょうど10年前のことだった。

    三重県松阪市に生まれた西野。彼女の担任だった津市立白山中学校の服部滋教諭は、当時をこう振り返る。

    「モーニング娘。に憧れていましたね。歌も踊りもうまくて、修学旅行のバスの中でも、ソロで歌ってくれました」

    '05年に『スーパー・ヒロイン・オーディション ミス・フェニックス』に応募。女優のオーディションだったが、その歌声が評価されレコード会社と契約を結ぶ。

    「17歳の若さで歌手となった彼女ですが、なかなかデビューできず、3年もの間ボイストレーニングの毎日でした」(レコード会社関係者)

    本当にやりたかった音楽

    '08年2月、大学に通いながら、シングル『I』でようやくメジャーデビュー。

    「西野さんは高校時代に好きだった先輩の影響で、パンクロックやへヴィメタルなど激しい音楽が好きだったんです。でも、歌声やキャラクター的に今のスタイルでいくことになったんでしょうね」(同・レコード会社関係者)

    意外に思えるかもしれないが、過去のウェブメディアの取材ではこう語っている。

    《もしかしたら、私が好きな音楽もみんな知らないかもしれない。クラブ系やレゲエにヒップホップとか、実はあまり顔に似合わないものが好きなんですよ》

    本当にやりたかった音楽と、世間が西野に求めた音楽は少し違っていたのだろう。

    彼女が作詞をするのは、会えなくなってしまった恋人を思って歌った『会いたくて 会いたくて』('10年)や、恋する女の子のちょっぴりわがままな“取り扱い説明書”を歌った『トリセツ』('15年)など、
    ストレートでチャーミングなポップス。ティーンの絶大な支持を得たが、一方で葛藤もあった。

    「このままずっと、若い女性に刺さる恋愛の歌詞を書き続けていくことに限界を感じ始めていたのではないでしょうか。1度、自分を見つめなおす機会が欲しいと思っていたようです」(音楽ライター)

    しかし、彼女には悩む時間もなかった。年間4枚近いシングルリリースに加え、ライブやファッション誌の取材、テレビ出演をこなすなど、超多忙な日々。
    『紅白歌合戦』にも昨年まで9年連続で出場している。

    「彼女が所属するソニーミュージックは多くのアーティストや俳優、女優を抱えているのですが、昨年の総売り上げの4分の1近くを西野さんが稼ぎ出していたそうなんです。
    金額的に見てももちろん堂々の1位で、CMやドラマなどで活躍中の女優・土屋太鳳さんと比較しても5倍以上、稼いでいたそうです」(同・音楽ライター)

    30歳を前にして、心の中に感じていた違和感は大きくなってしまい……。

    「精神的にも肉体的にも参ってしまったというのが無期限活動休止の真相でしょう。ここ3年間ほどのスケジュールは本当に仕事でビッシリでしたからね」(同・音楽ライター)

    間違ってしまった西野の“トリセツ”。もう1度、彼女の歌声を聴ける日は来るのだろうか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190116-00014243-jprime-ent
    1/16(水) 16:00配信


    【歌姫西野カナが抱えていた悩み...無期限活動休止のワケ】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    1 ばーど ★ :2019/01/16(水) 16:23:02.98 ID:5dabn0u69.net

     歌手のASKA(本名・宮崎重明)さん(60)が、平成28年11月に覚醒剤使用の容疑で逮捕される直前に乗車したタクシーの車内映像を無断で報道機関に提供され、プライバシーを侵害されたとして、タクシーを運行する三陽自動車交通(東京)に1100万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が16日、東京地裁であった。吉村真幸裁判長は「容疑とタクシーとは関係なく、映像の提供に公共性はない」としてプライバシーの侵害を認め、同社に220万円の支払いを命じた。

     判決などによると、同社がドライブレコーダーの映像を報道機関に提供し、民放のニュース番組などで放送された。

     この問題をめぐっては国土交通省が同年、タクシー会社やバス会社は乗客のプライバシーに配慮して映像を適切に管理するよう業界団体を通じて要請した。

    2019.1.16 16:03|
    産経ニュース
    https://www.sankei.com/affairs/news/190116/afr1901160018-n1.html


    【プライバシーを侵害で賠償請求!ASKAさんのドラレコ映像に何が映っている?】の続きを読む

    このページのトップヘ