芸能ニュースセンター

芸能関係の様々なニュースをまとめています。

    カテゴリ:芸能 > 男性アナウンサー


    青木 源太(あおき げんた、1983年5月7日 - )は、日本テレビの男性アナウンサー。 大阪府泉南郡岬町生まれ。転勤族の家庭であり、幼少から神奈川県藤沢市、千葉県富里市、愛知県岡崎市、神奈川県横浜市(大学時代)と移り住む。 身長は181cm、血液型はO型である。
    9キロバイト (1,037 語) - 2019年1月27日 (日) 23:50



    (出典 ad-sun.com)



    1 ひかり ★ :2019/02/03(日) 21:21:01.06 ID:6kc3Q8r79.net

     日本テレビの青木源太アナウンサー(35)が3日、自身のツイッターを更新。同日一部スポーツ紙で報じられた、嵐の会見で見せた涙など“責任放棄”と
    指摘されたことについて「ご批判やお叱りの言葉をしっかりと受け止めたいと思います」と言及した。

     スポーツ紙の記事では、嵐の会見で“無責任発言”をした記者に対して、ファンや視聴者が、同質問に怒るのは「ある意味で仕方がない」とした上で、
    「報道の自由」を守るべき立場である報道機関やマスコミ関係者が同質問を批判していることを問題に挙げた。

     中でも、青木アナがツイッターで“無責任発言”について「無責任という言葉が会見で出ましたが、それはさすがに違うかと。あの場にいてとても
    悔しくて悔しくて」などを述べたことや、会見で涙したことが「報道する側が報道の自由を放棄した」と見られても仕方がない、など厳しい言葉とともに
    伝えた。

     青木アナは、この日、ツイッターに記事を添え「私の言動で不快な思いをされた方々、申し訳ありませんでした」と詫び「ご批判やお叱りの言葉を
    しっかりと受け止めたいと思います」とつづった。

     これにフォロワーからは「そうかなー、、、ひとりのアナウンサーとしてもあるけど、ひとりのファンとして、言いたいこと言うのも言論の自由と
    思うけど。それこそ、名指しで言うなんて自由を妨げてると私は思うよー」「色んな立場の方がいて、色んな見方があると思います。
    青木アナは青木アナでしか出来ない、ファンに寄り添った質問だったのではないでしょうか?嵐は理解していると思いますよ。決してアナウンサー失格とも
    思いません」などの声も続々と届いている。

    オリコン
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190203-00000338-oric-ent

    嵐の活動休止会見で涙した日テレ・青木アナは“責任放棄”
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190203-00000002-tospoweb-ent


    【嵐会見で賛否両論の青木源太アナ 世間の声は? 】の続きを読む



    NO.7151725
    ジャニーズファン公言の青木アナ、日テレ内でのジャニ活、上層部から総スカン?
    ジャニーズファン公言の青木アナ、日テレ内でのジャニ活、上層部から総スカン?
    レギュラーMCを務めた『PON!』(日本テレビ系)で、大ファンだというジャニーズタレントの取材に精を出し、すっかり日テレの“ジャニーズ担当アナウンサー”となった青木源太アナ。

    すでに売れっ子のデビューグループだけでなく、若手のジャニーズJr.も積極的に取り上げ、その半面、タレントの私生活には踏み込まずに、しっかり一線を引くという姿勢は、多くのジャニーズファンから称賛を浴びている。

    しかし局内では、青木アナの“ジャニ活”に、眉をひそめる関係者も少なくないという。

    かねてから“ジャニーズファン”を公言する青木アナ。

    同じジャニーズファンの間では多くの支持を得ており、その影響もあってか、先ごろオリコンが発表した2018年度の「好きな男性アナウンサーランキング」では、フリーの羽鳥慎一に次いで2位を獲得した。

    「ヘタに女性アナがジャニーズ担当のような立ち位置になると、ファンから反感を買いかねません。その点、同性の青木アナだと波風が立たなくて済みますし、何より彼は、ジャニーズ事務所から信頼されているんです。ただ、ここ最近の青木アナはジャニーズ絡みの仕事を得ようとする“ジャニ活”が著しく、局内からは疑問視する声が噴出しているといいます」(日テレ関係者)

    青木アナの問題行動とは、各番組プロデューサーらに対する“営業活動”なのだという。

    「近頃、青木アナは、別部署であるバラエティ番組の役職付きスタッフに対して、『自分は誰よりもジャニーズに詳しい』『ぜひ番組で使ってください』などと、積極的に売り込みをかけているんです。見方によっては“仕事熱心”ですが、飲みの席ならまだしも、勤務中に局内でここまで露骨な売り込みをするアナウンサーはいないだけに、青木アナを引き気味に見る局員も存在しています」(同)

    この年末には、青木アナが“営業先”を拡大しているらしいとの情報が、局内で飛び交うように。

    「所属する日テレを飛び越えて、系列の読売テレビや中京テレビのプロデューサーにまで、営業を仕掛けているとか。ここまでくると、最初は笑って見ていた日テレ上層部も、『さすがに目に余る』『誰か注意した方が……』と漏らしているそうです」(同)

    青木アナは今月15日にTwitterに「元日のTOKIO×嵐楽しみだな〜!でもアナウンサーとしてはいつか番組にちゃんと関わって盛り上げることを目標にしなきゃ!もっともっと頑張ろう、自分!」と投稿するなど、周囲の困惑もどこ吹く風。

    果たして、青木アナの“ジャニ活”は実を結ぶのだろうか。
    【日時】2018年12月24日 08:00
    【提供】サイゾーウーマン


    【ジャニーズファン公言の青木アナ、日テレ内でのジャニ活、上層部から総スカン? 】の続きを読む

    このページのトップヘ