芸能ニュースセンター

芸能関係の様々なニュースをまとめています。

    カテゴリ:スポーツ > 将棋


    藤井 (ふじい そうた、2002年7月19日 - )は将棋棋士。杉本昌隆八段門下。棋士番号は307。愛知県瀬戸市出身。名古屋大学教育学部附属高等学校在学中(2018年4月 - )。 5歳であった2007年の夏、祖父母から将棋の手ほどきを受けた。藤井の祖母は、3人の娘に生まれる孫たちに囲碁と将棋
    84キロバイト (10,248 語) - 2019年3月8日 (金) 13:43



    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)


    ついに新記録更新までに!藤井聡太七段がすごい!

    1 ひかり ★ :2019/03/08(金) 22:54:48.20 ID:eP7yz3ge9.net

     将棋の藤井聡太七段(16)が3月8日、竜王戦4組ランキング戦2回戦で畠山成幸八段(49)に112手で勝利した。これにより、2018年度の成績は
    42勝7敗で、勝率は.8571に。中原誠十六世名人(71)が1967年度に樹立した最高勝率.8545(47勝8敗)を上回った


     藤井七段は実質的なデビュー年度となった2017年度でも、61勝12敗、歴代4位タイの勝率.8356を記録していたが、今年度は若手棋戦の“卒業”、
    予選免除などでトップ棋士との対戦も増える中、昨年度以上の高勝率をキープ。2月の朝日杯将棋オープン戦で連覇を達成するなど、快進撃を続けてきた。
    この日の対局では、畠山八段とのじっくりした勝負で、夕食休憩を終えてお互いの残り時間が少なくなるに連れて激戦に。息詰まる熱戦が続いたが、
    受け続ける畠山八段の玉を見事に寄せ切った。

     2018年度は、2連敗が2度あるだけで、逆に連勝は10連勝1回、9連勝2回など、圧倒的な勝ちっぷり。さらに不利と言われる後手番での対局が多い中、
    33局で28勝5敗、勝率.8485と変わらぬ高勝率を誇った
    。対局後は「あまり勝率に関しては意識していません」と淡々と答えていた。

     次回の対局は11日に行われる棋聖戦二次予選で、相手はタイトル7期を誇る久保利明九段(43)。その後も対局が組まれる予定だが、高すぎる勝率ゆえに
    1つでも負けると記録更新が難しくなるため、残りの対局全勝が新記録達成の条件となる



    ◆2019年も白星発進の藤井聡太◆
    http://geinou-news-center.site/archives/14510697.html


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190308-00010024-abema-soci


    【藤井聡太七段、年度勝率で歴代トップに浮上!年度内全勝なら新記録達成】の続きを読む


    藤井聡太七段逆転昇級なるか――順位戦C級1組最終日展望(古作登) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース
    第77期順位戦C級1組は3月5日に最終11回戦が行われる。前節、デビュー以来の順位戦連勝が18でストップした藤井聡太七段(16)は8勝1敗で4番手。昇級枠2つを巡っ ...
    (出典:Yahoo!ニュース)


    藤井 (ふじい そうた、2002年7月19日 - )は将棋棋士。杉本昌隆八段門下。棋士番号は307。愛知県瀬戸市出身。名古屋大学教育学部附属高等学校在学中(2018年4月 - )。 5歳であった2007年の夏、祖父母から将棋の手ほどきを受けた。藤井の祖母は、3人の娘に生まれる孫たちに囲碁と将棋
    82キロバイト (9,943 語) - 2019年2月24日 (日) 09:38



    (出典 www.jiji.com)

    将棋界で初!?

    1 みつを ★ :2019/03/05(火) 01:11:16.90 ID:CAP_USER.net

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190304/k10011835141000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_027

    藤井聡太七段の“首ふり人形” 販売開始
    2019年3月4日 18時22分将棋

    史上最年少でプロ入りして以来、活躍を続けている高校生の将棋棋士、藤井聡太七段の新たな公式グッズとして、
    将棋界で初めてとなる「首ふり人形」の販売が始まりました

    この人形は、藤井聡太七段(16)の活躍ぶりを記念して、日本将棋連盟が4日から販売を始めました。

    野球選手のグッズとして定着している「ボブルヘッド」と呼ばれる高さ14センチほどの人形で、去年12月に行われた「新人王戦」の表彰式での姿が再現され、優勝トロフィーを片手に晴れやかな表情で大きな頭をゆらゆらと揺らします。

    「ボブルヘッド」の販売は将棋界では初めてで、東京・渋谷区にある将棋会館の販売コーナーでは、午前10時の販売開始前から30人以上が列を作り、中には1人で5つ購入するファンの姿も見られました

    2つ購入した76歳の女性は「プロ入りした時からファンで、対局があるたびに神社にお参りしています。あまり似ていないですが、かわいいです。いつかは『名人』を取ってほしいです」と話していました。

    この人形は、東京と大阪の将棋会館やインターネットを通じ、900個の数量限定で1つ2700円で販売されるということです。

    藤井七段は高校生になった今年度も勝率が8割を超えるめざましい活躍を続け、自身の新たな公式グッズについて「自分が人形になるというのはとても不思議な気持ちがします。首の動きがかわいいと感じました」とコメントしています



    ◆藤井聡太の前進◆
    詳細⇒http://geinou-news-center.site/archives/14510697.html


    【藤井聡太七段のグッズは発売!将棋界で初のアレ】の続きを読む



    1 ばーど ★ :2019/01/08(火) 20:08:43.88 ID:xBrdluM09.net

     将棋の最年少プロ棋士、藤井聡太七段(16)は8日、大阪・関西将棋会館で指された第77期名人戦順位戦のC級1組で富岡英作八段(54)を破り、2019年の初戦を飾った。今期の同棋戦は開幕から8連勝で、デビュー以来の連勝を「18」とし、中原誠十六世名人(71)と並ぶ歴代最多タイとした。また、各10局を戦い、上位2人が昇級するB級2組へ前進した。

     今年の初陣の“勝負メシ”はカレーだった。昼食に「黒毛和牛のカレーうどん」、夕食に「やさいカレー」を選んで19年を白星発進した。

     四段で迎えた昨年の初戦は、1月6日に大橋貴洸(たかひろ)四段(26)に敗戦。2戦目の同11日に中田功七段(51)から初星を挙げていた。

    1/8(火) 20:06
    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190108-00000122-dal-ent

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    【順位戦は歴代最多タイの18連勝! 19年白星発進の藤井聡太七段】の続きを読む


    NO.7146438 2018/12/21 18:59
    羽生竜王、防衛失敗 27年ぶり無冠 通算100期逃す
    羽生竜王、防衛失敗 27年ぶり無冠 通算100期逃す
    平成の将棋界でトップを走り続けた羽生善治竜王(48)が、無冠に転落した。

    21日、山口県下関市「春帆楼」で行われた第31期竜王戦7番勝負第7局で、挑戦者の広瀬章人八段(31)に敗れた。

    この結果、対戦成績3勝4敗で防衛に失敗した。

    同時にタイトル獲得通算100期獲得はならず、27年ぶりの無冠となった。

    羽生は、1989年(平元)12月の第2期竜王戦で初タイトルを獲得。

    翌年11月に防衛に失敗した後、91年3月に棋王を獲得するまでの4カ月間だけが無冠で、それ以降ずっとタイトルを1つは保持していた。

    平成最後の竜王戦で、歴史が動いた。

    羽生が決心したかのように居ずまいを正して、投了を告げた。

    27年ぶりの無冠になった瞬間だ。

    将棋界の「黄金世代」最後のとりでだった。

    羽生とほぼ同年代の佐藤康光九段、森内俊之九段、郷田真隆九段、丸山忠久九段、藤井猛九段ら、平成の将棋界のタイトルをほしいままにしてきた「チャイルドブランド」でただ1人、現役のタイトル保持者だった。

    あこがれの存在であり、若手に目標とされる身であった。

    21世紀になって渡辺明以下、年下の棋士が台頭してきた。

    誰もがあこがれ、同時に「打倒羽生..



    【日時】2018年12月21日 18:49
    【ソース】日刊スポーツ
    【関連掲示板】


    【羽生竜王、防衛失敗 27年ぶり無冠 通算100期逃す】の続きを読む

    このページのトップヘ