芸能ニュースセンター

芸能関係の様々なニュースをまとめています。

    カテゴリ: YOUTUBE


    HIKAKIN(ヒカキン、1989年4月21日 - )は、日本のYouTuber、ヒューマンビートボクサーである。UUUMファウンダー、最高顧問。 1989年4月21日、新潟県新井市(現:妙高市)で次男として生まれる。小さい頃は、教室のすみっこにいるちょっと変わった少年だったという。雪の多い上越地
    37キロバイト (4,261 語) - 2019年2月27日 (水) 11:57



    (出典 buzz-plus.com)


    HIKAKINがK-POPグループを宣伝!

    【HIKAKINのおすすめ!?K-POPグループを宣伝】の続きを読む


    藤田ニコル、YouTuberデビューの衝撃 美容系・ビューティー系クリエイターに脚光も?|Real Sound|リアルサウンド テック - リアルサウンド
    モデル・タレントの「にこるん」こと藤田ニコルが2月22日、YouTuberデビューを飾った。にこるんYouTube始めます。 動画の冒頭、藤田はYouTubeを始めた理由を紹介。
    (出典:リアルサウンド)



    (出典 www.vivi.tv)


    芸能人がyoutuberになることに様々な意見があるが...

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/03/03(日) 18:57:44.69 ID:AQXPqjNF9.net


    (出典 image.dailynewsonline.jp)


    モデルでタレントの藤田ニコルが、2月22日にYouTuberデビュー。わずか2日で、チャンネル登録者数は20万人を突破。
    さらに一週間も待たずに、その数30万人を超え、大きな話題を呼んでいる。

    「藤田は25日、自身のツイッターで、『2日でYouTube20万人チャンネル登録ありがとうございます(中略)
    全部自分で撮影も編集もするのって大変だけど1番自分が個性出るのがその形だから無理はしてないよ』と、
    予想以上の反響に喜びのコメントを出しています」(女性誌記者)

    さらに27日には「昨日の夜中撮ったやつを仕事の合間に編集高速でしたで。
    私天才かも 笑」とつぶやき、自分の動画を自画自賛。すっかりYouTuberとして動画編集の楽しみに、ハマっているようだ

    「開設初日にアップした動画では、YouTuberになった理由について、日頃からインスタなどでメイクのことをアップしていて、
    ファンから“にこるん、YouTubeやれば?”と背中を押されたことを明かしました」(前出・女性誌記者)

    藤田は動画で、すっぴん姿も公開している。

    「これまでも度々、インスタで風呂上がりとおぼしき動画などをアップ。
    今年1月にはツイッターで『自撮り載せても加工─!
    て言われるから私もすっぴん(カラコンあり)ノーフィルター!さらす!ほうれい線もあるし、ニキビもそりゃあるし、私も人間』と、メイク直前のすっぴん顔動画をアップしていました」(美容ライター)

    そんな折、YouTuberデビュー後に一部から非難を受けていたことが明らかにした藤田
    27日のツイッターで「ほんの一部だけ、芸能人はYouTubeくるなって言われるけどYouTubeの方もテレビや雑誌でてるからウィンウィンな関係な時代だと思う!」と持論を展開し跳ね返している。

    「藤田がYouTuberになったのは理由があります。
    今月20日で21歳になりましたが、今年の目標を“ファンとの距離を縮める”としていて、その一環でYouTubeチャンネル開設に踏み切ったようです」(放送作家)

    確かに人気が出れば出るほど、ファンとの距離感は広がってしまうのも事実。
    彼女がそれを理由にYouTuberになったのなら、ファンにとってこれほど嬉しいことはないだろう


    芸能人がyoutuberになることに対する批判的な意見はこちら
    詳細⇒http://geinou-news-center.site/archives/15556495.html


    http://dailynewsonline.jp/article/1715744/
    2019.03.03 18:14 アサジョ


    【藤田ニコルYouTuberになった理由!とてもファン思い】の続きを読む


    キンコン梶原への協力は間違い YouTuberが苦言「俺らに得ない」 - livedoor
    カジサックとして活動するキンコン梶原雄太に、人気YouTuberも協力している。シバターは投稿動画内で、「僕らの首を後々締めるだけ」と協力者らに忠告。ノウハウを芸能人 ...
    (出典:livedoor)


    YouTuber(ユーチューバー)・YouTubeクリエイターは、主に動画共有サービスYouTube上で独自に制作した動画を継続的に公開する者を指す名称である。狭義では「YouTubeの動画再生で得られる広告収入を主な収入源として生活する」人物を指す。 英語圏では「YouTuber」以外に「YouTube
    14キロバイト (1,745 語) - 2019年2月27日 (水) 09:59



    (出典 www.swisslife.com)


    芸能人のyoutuber進出に大物youtuberが激怒!芸人を手助けするな!

    1 風吹けば名無し :2019/02/27(水) 19:35:38.35 ID:e3lVmQa10.net

    キンコン梶原への協力は間違い YouTuberが苦言「俺らに得ない」

    ライブドアニュース
    http://news.livedoor.com/article/detail/16083051/


    モデルの藤田ニコルさんが2月22日、ユーチューバーとしての活動を始めた。
    開始一週間足らずでチャンネル登録者は26万人に上っている。活動場所がネットになっても、注目ぶりは衰えない。

    藤田さんに限らず、最近は芸能人や著名人のユーチューバーデビューが相次いでいる
    登録者数96万人の人気ユーチューバー、シバターさんは26日、「にこるんチャンネル開設でカジサックへの怒りが止まらない」という動画を投稿。
    芸能人のユーチューバー参入はカジサックさん(梶原雄太さん)で一気に広がったという認識の下
    カジサックさんに協力した人気ユーチューバーに対して、「僕らの首を後々締めるだけ」と苦言を呈した

    「ノウハウを芸能人に渡してどうする? 俺らに得ないんだよ?」

    カジサックさんは2018年10月、チャンネル登録者が100万人にならなかったら芸能人を引退するという名目でユーチューバーを始めた。
    活動開始後はラファエルさんをはじめ、ヒカルさんやはじめしゃちょーさんなど、多くのユーチューバーがコラボに協力した。

    シバターさんはカジサックさんを「芸人としては微妙だが、そこらへんのユーチューバーよりトークも出来るし素人に比べたらすごい」
    と評価するものの、

    「なぜカジサックの流入を手助けしたんだユーチューバーよ。(中略)本来はするべきじゃなかったと思う。僕らの首を後々締めるだけだよ

    と思いを語る。


    ◆↓藤田ニコルのyoutuberになることについての意見◆
    http://geinou-news-center.site/archives/15556495.html


    【一般芸人が続々YouTube参入「ヒカルらは芸人を手助けするな ノウハウ奪われる」 人気ユーチューバ激怒】の続きを読む


    藤田ニコルがYouTuberに!デビューの陰にあった21歳の決意 - ニフティニュース
    2月22日、YouTuberデビューを飾った藤田ニコル(21)。チャンネルを開設してから5日時点で、登録者数は27万人を突破。23日にアップされたメイク術を紹介する動画は ...
    (出典:ニフティニュース)


    藤田 ニコル(ふじた ニコル、Nicole Fujita、1998年2月20日 - )は、日本のファッションモデル、タレント、声優。 ニュージーランド出身。オスカープロモーション所属。第13回ニコラモデルオーディショングランプリ。『ViVi』専属モデル。現在は東京都在住。
    20キロバイト (2,063 語) - 2019年2月24日 (日) 11:27



    (出典 colorful-instagram.com)


    芸能人がyoutuberになってもいいんじゃない?しかし意地悪な声も...

    1 カエサル ★ :2019/02/27(水) 14:54:15.66 ID:NuSGJkEz9.net

    2019/2/27 12:55 J-CASTニュース
    https://www.j-cast.com/2019/02/27351369.html

    モデル・タレントの藤田ニコルさんが2019年2月27日、ツイッターで、「ほんの一部だけ芸能人がYouTubeくるなって言われる」と、芸能人がYouTubeで配信を行うことへの批判に言及した。

    藤田さんは2月22日、「にこるんYouTube始めます。」と題した動画を投稿、「YouTuberデビュー」を果たしたばかり。

    「また芸能人か...」などの意地悪な声

    もともとインスタグラムでコスメなどについての情報を発信していたが、ファンからの要望もあり、YouTubeでの動画配信をスタート。23日に公開した第2弾の動画では、自らのメイクのテクニックを視聴者に紹介し、それぞれ100万回以上の再生回数をたたき出している。なお、撮影・編集も自分で行っているという。

    コメント欄でも「テレビで見るより全然可愛いし好感」「なんか、芸能人が身近にいる感じがするーーー!!」など好評の声が圧倒的に多いが、中には「テレビの人間がゾロゾロとYouTubeくるのなんなの」「また芸能人か...」などの意地悪な声が。上記のツイートは、そうした書き込みを意識したものとみられる。

    しかし、藤田さんは続けて、

    「YouTubeの方もテレビや雑誌でてるからウィンウィンな関係な時代だと思う!とふと!」
    「私は単純にファンの子にメイクなりなんなり詳しく教える事ができて嬉しい」
    とツイート、さらに、

    「InstagramにtwitterそしてYouTube、自分の事をファンの方に発信できる場所(があること)は私は嬉しいな」
    と、メディアの多様性へのポジティブな思いを語った。

    ファンと思われるユーザーからは、

    「企画編集自分でやってるにこるんはYouTubeに対してもストイックで全然嫌な気持ちにならないな」
    「どの業界であろうとそういうこと言う人は必ずいるから気にしなくていい!(略)それににこるんがファンのためにやってるってことはわかってる人ちゃんとわかってる!」
    と、共感する声や、その考え方を称賛する声も寄せられている。


    【藤田ニコルがyoutuberデビュー!批判的な意見に反論】の続きを読む


    朝日新聞社内で「マスコミの現状」を問う! 正論YouTuber「せやろがいおじさん」コラボは、なぜ実現したのか - J-CASTニュース
    海を背景に、赤いふんどし姿で社会に対して正論をさけぶ、沖縄在住の芸人でユーチューバーの「せやろがいおじさん」(チャンネル登録7万6000人以上)。そんな彼が、東京・ ...
    (出典:J-CASTニュース)


    ーン沖縄」の協力も得て、YouTubeチャンネル「ワラしがみ」を配信。時事ネタをストレートに、壮大に訴える配信を通じて「せやろがいおじさん」としても著名となる。「せやろがいおじさん」がコントキャラクターであるのか、榎森個人としての訴えなのかは特に決めていないが、デマにならないようにと最低限の取材と個人の思いを反映させている。
    7キロバイト (791 語) - 2019年2月6日 (水) 12:43



    (出典 yuru-jun.com)


    行動力がすごい!朝日新聞社に乗り込んで、マスコミに問いかける!

    1 カエサル ★ :2019/02/25(月) 18:45:32.83 ID:4ranuJy49.net

    2019/2/25 07:00 J-CASTニュース
    https://www.j-cast.com/2019/02/25351005.html?
    p=all

    海を背景に、赤いふんどし姿で社会に対して正論をさけぶ、沖縄在住の芸人でユーチューバーの「せやろがいおじさん」(チャンネル登録7万6000人以上)。
    そんな彼が、東京・築地の朝日新聞東京本社に「乗り込み」、マスコミに一言申す動画が2019年2月19日、YouTube上に公開され、話題を呼んでいる。

    新聞社内で次々と「正論」を叫ぶ動画に、ネット上では「よく、社内で撮影許してくれたな」など驚きの声が相次いでいるが、せやろがいおじさん本人も「懐が深い」と驚いている。

    新聞社で「マスハラ」主張

    動画の尺は、約2分10秒。冒頭、せやろがいおじさんは「お~い、マスコミの皆さ~ん、『マスゴミ』って言われてるけどどないする~?」と問いかける。
    その後、「こうなったらマスコミに直接殴り込んで言うたるで!」と叫んでジャンプし、場面は朝日新聞東京本社前に切り替わる。

    次に動画では、編集局内とみられる場所に移り、

    「安室(奈美恵)ちゃんが引退する時に親戚のところ押しかけたりとか、人の土地入って勝手に撮影したりとか、あと裏(事実確認)取れてないのに時事性優先して流しちゃうところとか、他の会社を出し抜いてスクープを撮れたら、もう手段は選ばん! みたいなのはどーかと思う!」
    「『マスゴミ』とまでは言わんけどこれはマスコミによる立派なハラスメント 『マスハラ』やと思う」
    「他の業界のセクハラとかパワハラは報じるクセに、自分は堂々とハラスメントしてる!」
    などと次々とまくし立てる。社員に話を振り、掛け合う場面もある。

    続くシーンでは、廊下とみられる場所を走りながら、

    「マスコミは色んな業界が抱えている問題を指摘して問題提起する」
    「じゃあマスコミが抱えている問題は誰が指摘する!?」
    と疑問を呈し、屋上では、

    「マスコミ同士で報道のあり方について、批判し合ったりツッコミ入れてくれる第三者機関を自分らで作った方がええと思う!」
    などと持論を展開。最後は、沖縄の海に戻って、「マスゴミの『ゴミ』って言われてる部分片付けよ~」と叫ぶ。

    動画のコメント欄には、「受け入れた朝日新聞東京本社、えらい」「行動力の塊すぎですって」など、驚きの声が相次いで寄せられた。再生回数は22日14時現在で、2万3000を超えている。

    【全文はソース先で】

    関連動画
    朝日新聞本社でマスコミに一言

    (出典 Youtube)


    【Youtuberが朝日新聞社内で正論を叫ぶ!?マスコミのハラスメント?】の続きを読む

    このページのトップヘ